伊豫田くんのお趣味な日々

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けば沼にどっぷりなフィギュアやガンプラの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

振り回されなう!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20220930165029j:image

う〜む
な、高町なのはちゃんの一枚!
う〜む

カメラ設定いじってRAWで撮影。
ライティングボードと照明1灯。レフ板は白です。
自動切り替えをオフにすると接写でピントが合わないことが判明。別のカメラアプリで手動で撮るしかないかな〜。
まさに悩ましいです。

 

振り回されなう

iPhone 14にしてからフィギュア撮影振り回されております。なかなかこれだ!ってのが取れてないですね。カメラの性能としては上がっているはずなんですが、思ったようにはいかないのが現実で。

今朝は必要な設定をして撮影に臨んだのですが、まさかのオートフォーカスが効かないとは!

iPhone 11の時であれば、接写でもフォーカス位置をしてすれば自動で合わせてくれてました。 iPhone14ではその自動が広角モードへの移行になるので思ったようにはいかないです。ここはものすごい悩みどころ。11の時よりも各種お手軽に撮れるようになったがための弊害が出ているのかもしれないですね。

 

解決策はわかってる

おそらくですが、一番確実な解決策は見えてます。

それは

光量を増やすこと!

それによって超広角でもかなりいい感じに撮れるようになるのではないかと思います。その辺りの実験は明日の朝晴れていたら出来るんですけどね。

そうなるとまた困ったことがあって、照明を新しく買わないといけないんですよね。

今使っているのは雑誌のおまけについてきたやつ。光量もどれくらい出ているかスペックはわかっていないです。なのでその辺りもどうするかが悩みどころ。まぁ、それなりにいいお値段する照明を買ってこれば間違いはなさそうですが。買うには流石に勇気がいるな〜。

ひとまずは設定や他のカメラアプリで試してみながら、自然光でどこまで撮れるかの実験ですね。それによって今後のやり方を考えるとします。

 

それにしても便利になる一方でこんな落とし穴があるとは。

こだわり出すと最後はマニュアルがベストなのかもしれないなって思いました。

 

(ちなみに明日の天気予報は〜)

(晴れでございます)