伊豫田くんのお趣味な日々

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けば沼にどっぷりなフィギュアやガンプラの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

さてどうしたものかな〜なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20220802165934j:image

エー!オ!
な、フレディの一枚!
久々の男性フィギュア!

自然光順光
レフ板は無しで撮影。
屋外で撮る時は手持ちにすることが多いのでレフ板使えない問題。
順光だから良いけど逆光で撮る時はどうしたものかな。

 

さてどうしたものか

以前にあった写真撮影の講習会で可愛い写真は逆光で、かっこいい写真は順光でと教わりました。今回からは久々に男性フィギュアの投稿なので順光で撮ればいいのでレフ板は用意はしたけど使いませんでした。

ただ撮りながら一つ疑問が。

屋外で撮る時にレフ板どうしたらいいのか。

屋外で撮るときはシチュエーションにもよりますが、基本的にフィギュアを手に持って撮影します。左手にフィギュア、右手にiPhone。レフ板どうしたらいいのかな。口で咥えるしかないかな。もしくは手をもう一本増やすか!

ちょっと悩ましい問題になりそうです。

 

手は増やせないので

さりとて手を増やすことはできないので、方法を考えねばなりませんね。単純な解決策はフィギュアを置いて撮る。もしくはレフ板の使用を諦める。この辺りですね。

他に方法があるかもしれませんが、ひとまずはこの辺りから始めていくかな。男性フィギュアも屋外で撮影する予定はあと一回だけで、残る2回は屋内で撮影する予定です。その時にまた考えながら撮影してみるとします。

こうやって考えることでまた何か新しいヒントが出てくるのかもしれないです。そうなることを自分に期待するとします(笑)

 

そろそろ屋外での撮影もやりたくなってきました。

色々な撮影方法も学んだり試したりしているので、その成果が発揮できるといいかなって思っています。

 

(レフ板咥えてたらかなりやばい人だね)

(冷静に考えたら画面確認できん気がする)