伊豫田くんのお趣味な日々

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けば沼にどっぷりなフィギュアやガンプラの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

パーツ数800!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20220523164750j:image

王に続けー!
な、アーサーガンダムMkⅢの一枚!
空模様も良い感じです

今日は晴天ですけどね。撮り溜めた写真です。
マントの裾の金は自分で塗りました。多少はみ出てますが、それもアクセントということで。

 

パーツ数800

なんの数かというとPGユニコーンガンダムのパーツ数です。ちょっと気になってネットで調べたら約800個あると出てきました。ちなみにZガンダムだと1000個以上になるそうです。驚きです!

この800個あるパーツに対してやすったりとかゲート処理の時間が大体2〜3分くらい。中にはほとんど処理しないようなパーツもありますし、逆にものすごく手間取ることもあるので平均するとそれくらいかなと思います。

ということはパーツのゲート処理だけで2000分くらいかかる計算。時間にして33時間。日数にして1日と半日くらい。こう考えるとなかなか進まないのも致し方ないな〜って思いますね。

実際には組む時間やつや消しコートやスミ入れ、デカールの時間もかかってきます。しかもつや消しコートは天候に左右されるのでいつもできる訳ではない。じっくり腰を据えてやっていくしかないなって思いました。

 

数字にすると見えてくる

なかなか進まないPGユニコーンガンダムの作成。こうやって数字で考えると、それもそうだよな〜って感想が出てきますね。感覚だけだともうちょっと早く進められても良さそうなのに!って思ってしまいます。ですがこうやって数字で見ることで焦ったところでかかる時間はかかるって腰を据えられるようになりました。

感覚的なものもまた重要ではありますが、それと同等に数字によって捉えることも重要。どちらがというよりもこの二つが車輪の両輪のようになっていますね。

感覚だけでは焦りが出てしまうことを数字によって落ち着きを持つことができるし、数字だけでは捉えられないものを感覚的に捉えることもできますね。

 

一時が万事とは言いますが、ガンプラを作ることで感じたことや経験したことを他にも当てはめられるってこともありますね。

コツコツやっていけばいつかは完成する。

それがガンプラの一番の良さだなって思います!

 

(落ち着いて一つずつ丁寧に!)

(なかなか進まないからちょっと焦ったくなってきたのよ)