伊豫田くんのお趣味な日々

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けば沼にどっぷりなフィギュアやガンプラの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

やれる範囲は理解度で広げられる!なお話です

こんにちは!

カンツバキっていうみたい!
な澁谷かのんちゃんの一枚!
撮るのに苦労しました

バーストモードで撮影しました。
普通だと光が入り過ぎて色が変な感じになってしまいました。そこで思いついたのがバーストモード。
予想通りいい具合に撮れました!

 

光の量を調整

iPhoneのカメラでもやり方があるのかもしれないですが、調べてないので今のところは分からないです。今回はバーストモードを利用して調整しました。

うろ覚えですがシャッター速度で取り込む光量が決まってくるのだと思います。ナイトモードで撮影すると1秒待ってね!みたいなやつです。

反対にバーストモードのような連写で撮れば、取り込む光の量を減らせるのだと考えました。

その結果が今日の写真で、予想通り上手くいったので良かったです。こういう方法も一つの手だなと思いました。

 

やれる範囲でしか出来ない

結局のところ、新しいアイテムを手に入れる以外では、今の手持ちのものでやれる範囲でしか出来ないです。当たり前のことですけどね。

そのやれる範囲というのが、手持ちのアイテムをどこまで理解しているかに繋がってきます。理解が進めばまたやれることが増える。理解が追いついていなければやれる範囲は広がらない。

それはカメラの使い方だけでなく、例えば画像編集とかでもそうですね。今は自動でしかいじってないですが、そこの理解を進めればより表現力がついてくるのだと思います。

 

ひとまず今回は新しい手法を発見出来たのが良かったですね。

試行錯誤と思いつきとを駆使して良い写真を撮れるように頑張っていきます!

 

(今回はハマったね〜)

(またこのやり方も進化させていきたいね)