伊豫田くんのお趣味な日々

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けば沼にどっぷりなフィギュアやガンプラの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

撮ってる時は見えてない!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20211106165401j:image

今日は照明にしたよ!
な、佐倉杏子ちゃんの一枚!
それなりには撮れたかな

そこまでボケた感じもなしで、それなりに上手く撮れたかな。確認するまではちょっとドキドキではありました。
安定して上手く撮れるようになりたいですね。
ゴルフでも安定感欲しいですわ。

 

撮ってる時は見えてない

昔、マンガか何かで読んだけど、カメラで写真を撮る時にシャッターを切るから撮影するその瞬間だけは見えないというのがありました。

フィルムカメラのお話だったので写りの成果は現像するまで分からないのというのも怖いな〜って思いました。

少し前のデジカメでもその場で確認は出来るけど、ピントが本当に合っているかはパソコンに取り入れてみるまでは分からなかったです。カメラの液晶ではそこまではっきりはしなかったですね。

最近は写真を撮ると言えばスマホ。その場でかなりの解像度で確認できますし、何より連写も出来ます。そんなに撮るの?っていうくらい連写することは多々ありますね。

写りを確認するまでは分からないのは変わらないな〜って思いますね。そして、撮っている時は見えてないってのも本質としては変わってないことだと思います。

 

画面を見てるのか相手を見てるのか

娘ちゃんズとお出かけの時に写真を撮ることはありますが、ふと思うのが画面を見ているのか娘ちゃんズを見ているのか分からなくなるってことですね。

花火とかも動画を撮ってると現実の花火は画面越しな訳で。残してまた見たいな!って気持ちと現実に目に焼き付けたいな!って気持ちのせめぎ合いですわ。

両方をバランス良くやれるのが一番ではありますが、個人的にはかなり難しい問題でもあります。大体、最終的にはまだ見る方を選ぶんですけどね。

 

フィギュアの写真についてはそういうことはないのでまだ良いですけどね。ただ確認した時に微妙にボケてたりするとちょっと残念な気持ちにはなりますね。

微妙なボケも修正出来るアプリがあると大変ありがたいなと思うしだいでございます(笑)

 

(結局はそこ〜!)

(拡大した時に微妙にボケてるのに気付くと切なくなるのよね)