伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

文字通り世界が広がった!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210716165655j:image

木陰で一休み
な、長門有希ちゃんの一枚!
スマホの影が入ってしまいました。

こういう写真も面白いかなと思って撮ってみました。思ったよりも良い感じ。
ただ影がな〜。
注意していても入る時は入ってしまう。まだまだ注意力が足りて無い証拠ですね。

 

一応気をつけてはいる

晴天時の撮影で影が入り込むのは一応気をつけてはいます。影の方向であったり、ちょっと距離を取ってズームにしてみたりと入らないようにはしています。

同様なのが指の写り込み。最近は減ってきたけど、気を抜くと入り込んじゃっていたりします。そういう時に限って良い写真が撮れてたりするのがまたなんとも言えない気持ちになります。

撮れるのが楽しいから、慣れてくると少しずつ気の持ち方も変わってきますね。もちろん撮れるのが楽しいが根底にはあるけど、もっと良く撮りたいーっていう欲も湧いてきます。

 

いただいたコメントで気付いたこと

トップの写真に入り込んでる影を見て、キョンの影って事にすれば良いじゃないですか?ってコメントをいただきました。

目から鱗

今までは写真の中の世界観で完結させようとしていたのだけど、写真の撮影者も物語に入れ込むというのは考えたことが無かったです。

サイズ感のアレコレはあるけれど、そういう事なんです!って言う形にすればまた違った面白さが出てきます。文字通り世界が広がった感じがしました。

 

そういう写真も狙って撮れれば表現の幅が広がりますね。

写り込んでしまった指や影もどう写真のストーリーに落とし込むか。そうやって考えてみるのも新しい面白さになります!

 

(君の場合は調子に乗らないようにね)

(そこは気をつけます)