伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

ドラゴン桜2の原作マンガの感想!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210628170314j:image

せっかくなのでこちらもどうぞ
な、紅葉さんの一枚!
原作を読んできたイメージとしてはこんな感じです。

ミニチュアのお酒をこんな風に使う日が来るとは!飲んだくれなキャラのフィギュアを買うことがあまり無かったりするからでもありますね。

 

ドラゴン桜のドラマが終わりましたね

見れる範囲でなんとなく追いかけていたドラゴン桜2のドラマが終わりましたね。個人的には藤井くんの成長物語な感じでもありました。

もともと嫌な奴が最後にいい奴になるってどんな王道展開だよ!と思いましたが、だからこそ良い!とも思いますね。学園モノは一種の成長の物語だと思うので、藤井くん以外のメンバーにもそれぞれの成長を描いていたのが良かったです。

第一話から原作とはかなりかけ離れている展開でしたので、そこにちょっと違和感を感じた部分はありましたが、それはそれと思えたので良かったのでしょう。

 

という事で原作の感想

原作であるドラゴン桜2も最終巻が出てましたのでそちらの感想。

途中までは何かのマンガアプリで読んでましたが、何話からか有料になってしまったので一時読まなかったです。最終巻が出るのとドラマの放送に合わせてKindleで安くなっていたので全巻購入して読みました。

今、Kindleで見てみたら、10巻まで1円。11、12巻が半額。13巻以降が定価となってました。気になる方はチェックしてみてください。

東大入試を目的としたマンガではありますが、大人が読んでも気付きがあるマンガです。でも大人になっても資格試験や、勉強などやらなくてはいけないことは多くあります。ものにはよるけど強制力がない分、大人になってからの方が勉強はキツかったりします。そういう意味では東大入試というわかりやすさはあるけれど、大人も子どもも同じ事かもしれないなって思いました。

 

原作最終巻に運の使い方についてのお話があります。最後の瞬間まで諦めずに挑戦し続けることが運の使い方だと言われてます。

僕が宅建を合格した時はまさにそうだったなと思いました。終了の合図が出るその瞬間まで問題と答案に向かい合い続けてました。思えば、あの時の僕は運を使っていたのだな。そしてその結果合格出来たのだなと素直に思えました。

これからも挑戦する時が出てくると思いますが、最後まで諦めずにベストを尽くせるようにしていきます。

 

(設定の差はビックリだったね)

(それはそれと切り替えられたで良かったよ)