伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

良い悪いはコインの裏表!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210605170143j:image

紫陽花がキレイだね!
な、ランカちゃんの一枚!
背景に背負ってみました!

久々のランカちゃんです!可動フィギュアから通常のフィギュアに戻りました。
しばらくはまた気分で選んでいくこととします。

 

それぞれの良さ

可動フィギュアには可動フィギュアの、スケールフィギュアにはスケールフィギュアの良さがあります。そういう良さを引き出して撮れているかと言われれば別問題ですけどね。

可動フィギュアは限度はあるけれど、好きなポーズを撮れるのが魅力ですね。あといじっていて人体の凄さをじんわりと感じます。人体って柔らかいから出来る動きもあるのね。

スケールフィギュアはポーズを動かす事は出来ないけど、それ故に完成されたポーズであるという良さがあります。たまに角度によって変な感じがすることもあるけどね。

どちらもそれぞれの良さがあるということですね。

 

良い悪いはコインの裏表

好きな作品のキャラクターを自分の手で好きなようにポーズをとりたい!というのであれば可動フィギュアは良いですね。

ただ可動するための軸とかが見えてしまっていたり、そもそも出来ないポーズとかもあります。腕組みとか胡座とかその辺りは僕の手持ちのフィギュアだと出来ません。

スケールフィギュアは可動は出来ないけど、だからこそ可動の軸が無かったり、可動フィギュアでは出来ないポーズの作品があったりします。まぁ、そのポーズ自体があるかどうかは別問題ではありますが。

結局のところ、良さ悪さは裏表ってことですね。どちらも良さがあり、どちらも良くない点がある。そのどちらを選ぶかはその人次第ではあります。

 

僕は買った量で言えばスケールフィギュアの方が多いですね。それはスケールフィギュアの方が良いなって思うモノが多いからです。あと、ポージングが苦手っていうのもあります。

でも、たまに可動フィギュアを触るとこれはこれで良いなって思います。だからどっちも好きなんだろうなって思いますね。

次に買うフィギュアはどちらになるかな!それはその時のお楽しみでございます。

 

(一番の問題は君の撮影技術だけどね)

(それを言われるのはつらいな〜)