伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

伝えるためにスキルを磨くということ!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210403170504j:image

葉桜になってきたわね
な、エミリアたんの一枚!
桜も散り始め、葉っぱが出てきてました。

今回はノーマルモード。お花とほとんど一緒に撮れるなら、ノーマルモードが良いですね。
全体の一部として撮りたい時は広角の方が良いけど、やっぱり難しいです。練習あるのみ!

 

コロナで変わったことと言えば

オンラインでのやり取りですね。会議やセミナーでもオンラインでやるのが当たり前になってきているように感じます。

オンラインでのやり取りはこちらの意図が上手く伝わらない事もままあります。

それはzoomのような動画だけでなく、メールでも一緒ですね。自分の意図とは違うところに焦点を当てられて予期しない方向に話が進む事を何度か経験しました。

情報伝達量で言えばリアルで対面してが一番情報量が多いと思います。ただリアルで会うことが難しい時もあるので、それを補うためにもオンラインを使えるようになっておくと言うのは今後も求められるスキルかな。

 

伝わらないのは誰のせい?

間違いなく自分のせいでございます。

リアルじゃないと伝わらないと言う人をたまに見かけますが、僕は発信者のスキルの問題だと考えています。

例えば映画。鬼滅の刃の映画を観て泣いたという感想を結構見かけましたが、目の前でリアルに物語が展開したわけではないですよね。

例えば本。著名人が書かれた本が参考になった。生き方見え方が変わったと言う人、多いと思いますが、目の前で話してもらった訳ではないですよね。

例えばブログ。僕のブログではほとんどいないでしょうけど、このブログが勉強になった!面白いってブログが多々ありますが、目の前で(略)

極端な例かもしれないけど、上に挙げた例と上手く伝えられない人との違いはスキル。

伝えたいという熱量や想いも大事。だけどそれを相手に理解してもらうスキルもまた大事です。

画面越しの会議なら話し方や表情。メールであれば文章の書き方。などなどかな。そういうのは自分で調べて勉強してやってみての繰り返しで身につけられるものだと思います。

 

zoomのようなオンライン会議が主流になったとてメールというツールは残り続けます。

そして遠隔地とのやり取りでは、コロナが明けたとしてもzoomのようなツールは変わらず使われると思います。

そうなると、今のうちにオンラインのスキルを上げておくというのも選択肢を増やすという意味では必要なことですね。

伝えるためにはどうやってスキルを上げるか。それも大事なポイントになっていきますね。

 

(君のブログもスキル上げなさい)

(書くこと自体は出来るようになって安心してたらあかんわな)