伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

何気なく置いたフィギュアと、何気なく思った駅弁のこと!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210228170933j:image

上目遣い

な、ラムさんの一枚!

今日は本棚からですが、上手に収まって良かったです。結構大きさがあるので入らないかもなって思ってました。

背景は安定の王様の仕立て屋。本棚の撮影もここから始まったんだよな~。

 

何気なく置いてみたところから始まった

今回のフィギュアではなく、別のラムさんのフィギュアを何気なく、ポンと置いてみたところから本棚の撮影が始まりました。

f:id:drumdk49:20210228171123j:image

ポーズやサイズが違うので本の上に置けたのですが、それが思った以上にハマってて、こういうのもアリだよな~って思いました。

ちなみにその時の本が王様の仕立て屋だったりします。なので、ラムさんのフィギュアをこの本棚のスペースで撮るのはある意味で原点回帰だったりします。

何気なくやってみたことが大きなひらめきになることもあるんだなって、今では思いますね。あの時、普通に並べていたら、この発見は無かっただろうなって思います。やってみること、そして意識しなかったことでも注意してみることで新たな発見があるのだと思います。

 

何気なく気になった事

で、話は全然変わって、今日のお昼にスーパーでやっていた駅弁フェアで鬼太郎丼という駅弁を食べました。

いわゆる牛丼でちょいと温めたら普通に美味しかったです。弁当は冷めてこそ弁当だけど、自宅とかなら温めるという選択肢を取れるから、また違った楽しさがありますね。

この器なのですが、有田焼の器で、底面には鬼太郎が書いてあるというファンとしてはものすごく嬉しい逸品だったりします。器は洗って、またいろんなところで活用していきたいと思います。

それでふと思ったのだけど、旅先でこの駅弁を買った場合、どうやって持ち帰るんだろう?

帰りならまだギリで何とか出来そうではあるけど、行きだと割れ物が増えるという危険性が上がるわな。買わないという選択肢も無くはないけど、駅弁はその土地でしか買えない。であれば、見かけたら買っちゃうわな~。何とかきれいにして気を付けて持ち帰るしか方法はないかな。

と、一見どうでもいいようなことを思った今日のお昼時間でした~。

 

(実際問題、自分だったらどうするかね?)

(気合一択也)