伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

量を重ねることが、成果に繋がってくる!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210223172503j:image

カバンの中でマルのバッジ見つけたずら~

な、花丸ちゃんの一枚!

ということで、今回からはAqours国木田花丸ちゃんのお届けです!

先日購入したカバンを使って撮ってみました。やっとできたかなって感じです。ちなみに下にあるのはカバーを付けたノートです。

 

可動式フィギュアを楽しめるようになってきました

figmaのような可動式フィギュアは、自分でポーズを作らないことには始まりません。このポーズを作るというのが何とも苦手で。フィギュアには人間のような弾性や柔らかさがないので出来ないポーズとかあります。例えば腕組みや正座とかですね。こればっかりは仕方ないので、出来る範囲でやってみるしかないです。

ただ、ここ最近は何となくポーズを決めることが出来るようになってきました。これは出来るか出来ないかとか試行錯誤しながらではありますが、ちょっとずつ出来ることが分かってきた感じですね。なのでちょっと楽しさが分かるようになってきました。

 

何事も量をこなすという事が大事ってことですね

フィギュア撮影で何度もfigmaを触ってきているからか、理解度が少しずつ上がってきたかのかなと思いました。結局のところ、量をこなすというのが一番のトレーニングと言えますね。

理解度を上げるための効率を上げるなら意識してやる。反対に意識してやっていなくても経験は積まれていく。その積まれた経験がいずれ成果に繋がっていくのだと思います。

そういっても、経験って目に見えるものではないから、どうしても効果が分かりにくいんですよね。それで諦めてしまうか、ただひたすらに出来るかが分かれ道になるのだと思います。

 

ただ、好きな事や楽しいことであれば、続けるのにそういう意識が無いというのは大きなアドバンテージだと思います。

好きこそものの上手なれ、とは言ったものですね。

 

(そうそう人目も大して気にならなくなっていったね)

(慣れというのは、それはそれはすごいものです)