伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

フィギュアの箱は捨てちゃう?取っておく?僕は捨てちゃいますね!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210221172607j:image

箱の中からこんにちは!な、アスナさんの一枚!

ここ最近は、二日目は本棚からの一枚でしたが、せっかく箱があるので、と思い、単純に撮ってみました。クリアボックスだからこそ撮れる一枚だと思います。

そうなると悩みどころは、この箱をどうするかだよな~。基本的には捨ててしまうので。取っておいても保管場所が。もうちょい悩むこととします。

 

もしも無限に置く場所があったなら

フィギュアなどの箱は捨てずに取っておきますね。やっぱりそういうものも含めてのフィギュアだと思うので。ただ、現実にはそんな場所があるわけでもなく。なので、捨てることにしています。

箱を取っておかないでも、中の固定するケースをとっておくという方をツイッターで見かけたことがあります。引っ越しなどでフィギュアをパーツと共に保管できるので便利という話でした。

たしかにそれはそれでアリだと思います。そう思って一時期固定ケースを取っておいたこともあるのですが、やっぱり置く場所が。なので、結局本体とパーツと説明書と背景用の台紙だけを取っておくようになりました。

 

そもそも箱を取っておく理由はどこにあるのか

なんです!僕が取っておいた頃の理由としては、いずれ売る時に箱があった方が価値が落ちにくいから、でした。

ある時読んだ、森博嗣先生のお金の減らし方という本に、先生の趣味の模型の事が書かれていました。

内容によると、先生は模型などの箱は取っておかずに捨ててしまうそうです。その理由は、模型は遊ぶために買うのだから、箱を取っておいても仕方ないし、そもそも売る時のことを考えるのはおかしい。という感じでした。

もうね、目からうろこでした。僕がフィギュアを買うのは、そのフィギュアを持って散歩なりした時に撮影をしたり、自宅に飾ったりするため。いつか売るために買う訳じゃないんですよね。そもそもいつか売る気であるなら箱から出した時点でアウツ!そのままの状態で日当たりも無く、温度も低いところで保存しておかなければいけません。

それから、まずは外箱を捨てて、移動用にと取っておいた内箱も場所の関係で処分しました。その時は台紙を撮影で使うという頭が無かったので、それだけはもったいないことしたな~と思いますけどね。過ぎたことです。致し方なし。

 

ただ、無限に置いておく場所があるなら箱も取っておくと思うのも事実。やっぱり捨てるときにちょっと考えたりしちゃうんですよね。もったいないって。カバンとか財布の箱もなかなか捨てられない質なので。

まぁ、その辺りは、自宅の容積と相談していくしかないですね。場所には限りがありますゆえ。

 

(でも箱を片付けた時スッキリしたっしょ?)

(正直ね。スッキリしたわ~って思ったよ)