伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

お店にとって当たり前でも、お客としてみれば当たり前じゃなかったり!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210124172909j:image

私の本棚へようこそ!

な、梨子ちゃんの一枚!いつもは本棚の中に置いて撮るのだけど、今回は外に出して撮りました。本棚の中だと思った以上に暗くなったからなんだけどね。思い切って外へ出したことで、思った以上に良い写真になりました。思い切ったことをやってみるのも、たまには良いですね。

 

あれくらいみんなにするよ~

以前にも、このブログでお話しましたが、Keisukeokunoyaのセーターが見つからなくて、短パン社長のstoresを見たら色違いがあったので、サイズ感などについて相談してました。お気に入りの一枚が無くなるというのは、思った以上にショックがあるものでした。

180cm、88kgとまぁまぁな巨体なので、サイズはXLだと思っていました。storesにあったのはL。正直、買うのは不安。そんな気持ちを察していただいたのか、一度送るから合わなかったら遠慮なく送り返してくれていいよ~って短パン社長に仰っていただきました。

というやり取りをしてから、クリーニング屋さんに行く用事があったので、無いだろうけどと思いながら聞いてみたら

出てきました!!!

こんなこともあるんだ!!!

僕は結構まとめて出すことが多いので、そこで抜けが出てしまったのかな思いました。何はともあれ見つかったことは本当に嬉しかったです!!!

戻ってきたので、サイズを見てみたら、L!!!

すでに送っていただいていた色違いのセーターは無事に着れる!!!

ということで、これからは色違いでの愛用となります!!!

 

話が長くなりましたが、、、

このやりとりが、僕としてはすごく嬉しかったんです。短パン社長としてはご自身の当たり前をやられていたことかもしれないけど、僕としてはそこまで相談にのってくれたことがありがたかった。なので、もしサイズが合わなかったら遠慮なく送り返すことも出来たと思います。

結構小心者なので、送り返すって相手に悪いよな~とか考えちゃいます。そこに合わなかったら遠慮なく送り返してくれてもいいよ~という一声があるかどうかで大きく変わります。こういう何気ない一声が配慮なんだなって思いました。

そして前項の、あれくらいみんなにするよ~、に繋がります。

 

当たり前だけど、当たり前じゃない

お店にとっての、会社にとってのサービスは、やっている側としては当たり前と思っていることが多いです。だけど、お客側として見ると、当たり前じゃなくて、ものすごくありがたいことだったりします。

知人のお店でも

リーガルシューズ岡崎さんの靴の調整とか

メガネの吉川屋さんのメガネメンテナンスとか

宝金堂さんの時計のベルト交換で元の時計の金具を使ってもらう事とか

イルサルト末廣さんの着こなしの相談だとか

こういうことをやってくれるって、お客側としてはすごい嬉しいことだなって思いました。

 

そういうサービスの一つじゃないけど、一定期間住んでいただいた弊社のマンションの住人さんへ、ちょっとしたギフトを付けてお手紙を書いています。

f:id:drumdk49:20210124173147j:image

これは短パン社長をはじめとして、尊敬する方々がやられていることをパクったのですが、自分がされて良いなって思ったことは、素直にやってみるのも大事だなって思いました。上記の各店舗さんのサービスは僕には出来ないことだけど、じゃあ、どんなことなら出来るのか。そこを考えることも大事な一歩目ですね。

 

(言いたいことありすぎてとっちらかったね)

(あふれる思いを整理する技術がそろそろ必要やな)