伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

アートかどうかは自分しだい!そんなことを思った本の感想!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210117172211j:image

今日は本棚からこんにちは!

な、ねんどろミクちゃんの一枚!

投稿する時に写真を見ていたら、後ろのマンガがサッカーマンガで、ちょうど応援に合うな~って思いました。へうげものも写っているけどね。応援が合うかはさておいて面白いマンガですよ。へうげもの

 

昨日に続いて、今日も読んだ本の感想!

最近、なにかと話題のアートについての本を読みました。アートとは何ぞや?的な本だと思って読んだのですが、思考を重ねて自分なりのアートにたどり着ける一冊だと思いました。

本としては授業形式で進められており、ワークを挟んであったりして、飽きの来ない一冊でした。まぁ、そのワークもやらなかったのもあったけどね。そして、そこをばっちり見透かされていました。

 

とどのつまりアートとは自分の気持ちしだい

ツイートの中にも書きましたが、そういうことだと思いました。

カップヌードルの容器を見た時に

お腹が空いてしょうがない時には食べ物に見え

ゆとりがある時にはアートに見ることができる

この時のアートの線引きを誰がしているかと言えば、自分なんですよね。作中でも言われてましたが、アンディウォーホルのことがあるから、僕はカップヌードルのパッケージはアートだと思いました。

そこで引っかかったのは、

デザインとアートは何が違うのか?

という点でした。でも、これも空腹の話と一緒で、製品として見るからデザインであり、作品として見るからアートなんだと思います。とどのつまりは自分の思考しだいという訳です。

 

だからこそ自由なんだよね

フィギュアをアートだという人は、あまりいないと思います。僕自身、アートという目でフィギュアは見てないかな。好きなものとして見ています。この好きという感情、オタクっぽく言えば、萌えという感情も突き詰めていけばアートに繋がるのだと思います。

アートの定義は人それぞれ。だから自由なのであり、そして自由で正解がないからこそ、これからの時代に必要な考え方なのだと思いました。

 

(君の撮っている写真はアートかい?)

(あれはただの趣味だよ)