伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

何気ない一言であっても気持ちは動く!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20201209165306j:image

今日は

オレンジ色のバラもあるんだね~

なLat式ミクちゃんの一枚にしてみました!

バラの色は種類があるのは知っていたけど、オレンジ色があるとは知らなかったです。意識してみることでまた発見がありますね。

それにしてもこのミクちゃん、目の焦点の当て方が悩ましいですわ。

 

さてさて昨日ちょっとした買い物に近所の紳士服屋さんに行ってきました。よくある有名チェーンのお店です。

入った時にいらっしゃいませという声はあったのですが、その後は放置されました。お目当ての品があるゾーンに行ってあれこれ物色しても声がけも無し。人の好き好きはそれぞれでこういうふうにほっとかれた方が気楽でいいという人もあるのは知ってます。現に僕も昔、それこそお洋服に興味が無かったころは、店員さんに声かけられるのがちょっと嫌でした。だからお洋服屋さんにいくとちょっとドキドキしてました。その点ユニクロは最初からそうなので気安いな~とも思っていたけどね。

 

そこのお店で良いものがなかったので近くの同業のお店にも行ってみました。

いらっしゃいませの声は同じ。その後、お目当ての品のコーナーに行ったときに何かあったらお声がけくださいねと言われました。

基本的には一人で見たいのでありがとうございますと言って物色してたのだけど、どうにも良いものがない。そこで声掛けしてくれた店員さんにこういうのありますか?と聞いたら別のコーナーに案内してくれました。そこで良いものが見つかったので無事にお目当ての品を買うことが出来ました。

 

接客の線引きって難しいなって思います。

前述のとおりみんながみんな声を掛けてほしいと思っているわけでは無いです。それが嫌だと思う人もいる。僕の場合は流石に慣れたのでそこまで拒否感は出なくなりましたけどね。

じゃあ、声を掛けなくても良いかと言われればそうでもない。二つ目のお店でああやって声を掛けられなかったら、ここにも無いか~、で終わって帰ってました。急ぎっちゃあ急ぎだったけど、今すぐ買わないといけないと言うモノでもなかったので。

ただあの声掛けがあったからちょっと聞いてみるかという気持ちが働きました。そのおかげで思った以上のモノを買うことが出来たのですけどね。

人の気持ちは本当に何でもないようなことでも動くことがあります。それを起こせるのは結局一歩踏み出したかどうかだけです。今回で言えば、何かありましたら~、の声掛けでした。何気ない一声でも大事な事なんだなと思いました。

 

(ひょっとしたら一つ目のところでもあったかもね)

(どうだろ。ただ聞いてみようという一歩を踏み出すきっかけを俺の方でも掴めんかったよ)