伊豫田くんのお趣味な日々

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けば沼にどっぷりなフィギュアやガンプラの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

世界観を意識した撮影ってやってたようでやってなかったな〜なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20200829174141j:image

今回からはFate/staynightよりセイバーのお届けです!

FateにするかFGOにするかでちょっと悩みましたが、このフィギュア自体はFate時代のものなのでそちらに準拠しました。なのでアルトリアではなくセイバーという呼び方にしました。

15年と結構息の長いシリーズで世界観の広がりがあるのでこういところで呼称などどうするかは悩んだりします。

 

 

昨日借りぐらしのアリエッティを見て今回はデフォルメフィギュアという事もあり、ちょっとアリエッティな世界観を意識して撮影してみました。

アリエッティの感想は映像と音楽が美しかったな~という感じです。それだけで十分とも言えますね。

今日の写真は初日恒例の川の写真だったのでいきなりちょっとアリエッティからズレてる感満載でしたが、それらしいのストックで撮れましたので良かったです。意外と世界観を意識して撮るの楽しかった。

 

マンガやテレビ、映画から撮影のヒントを貰う事はあったりするけれど、ここまではっきり意識させられたのは初めてですね。それだけこの映画のイメージ力が強い映画だったのかなと思います。

また撮影で表現したいことはこういう所からいくらでも勉強することが出来るというのも改めて思いました。新しい考え方を開くきっかけは色々なところにあるのだなと思った今回の撮影でした!

 

(世界観を意識ってやってるようでやってない感じだったね)

(意識することがあってもフィギュア自体の作品のらしさだったりだからね)