伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

小林よしのりコロナ論を読みました!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20200826174533j:image

今回のこの写真の真ん中右上をご覧いただきたい。

 

おわかりいただけただろうか

 

前髪部分に傷があることを!

 

きゃーーー!!!

 

気付いた時の心境でございました。とりあえず黒ペンで補色してみたけど光の強いところで撮影してみると一発でわかりますね。こういう傷の修復技術はないので補色でごまかすしかないです。普段実物を見る分にはあまり気にならないのですけどね。

 

おばっちゃまくんで有名な小林よしのり氏のコロナ論という本を読みました。

f:id:drumdk49:20200826174641j:image

本文、内容は読んでいただくとして今回はその感想でございます。

とりあえずステイツリーのところは笑いました!流石ギャグマンガ家ですわ。

この本で言いたいことは、自由ということと自分の頭で考えて決めろという事だと思いました。それはコロナとか関係ないことでもあるけれどこういった情勢下だからこそ大事なことだとも思いました。

 

まずは自分の頭で考えて決めろ!から。

この本の中でも出てきましたが氏は反権威主義という立ち位置を取られています。だからこの本を読んで小林よしのりがこう言ってたからそうすべし!と思って欲しいわけでは無いと僕は思いました。繰り返し出てくるデータや他の疫病、他国との比較などを出してあなたはどう思うか?どう行動するか?を問いているように感じました。

もちろん本人の意見はこうであるというのは出されています。ただこういう人が自分の意見を出さずにいるのもどうだろうと思うけどね。

 

そして自由ということ

これはこの本に限らず小林よしのり氏が常に大事にされていることだと思います。今回はその自由とはなんだろうかということを改めて考えさせられました。

僕も自由は好きです。ただその自由には責任が伴うものだ言ってるんじゃないかなと思いました。だからこそ誰それが言ったからこうすべし!じゃなくて自分の頭で考えて決めなさい!という話に繋がってくるのだと思います。

 

また共感できるところもあれば、それは違うんじゃないかなというところもありました。それは個々人の考えや哲学、環境によるものなのでそれは否定するものじゃないと言っているような気がしました。あなたが自分で考えたならそれでいいじゃない!て感じですね。ただそこの根拠がテレビで言ってた、新聞にあったとかだけだともうちょっと考えなさいよと言っているんじゃないかな。

僕個人のコロナに対する考えはというと、やっぱり怖いっす!感染するのもうつすのも。でもそれは病気だから当たり前ですけどね。

実際のところで言えば、手洗いうがいマスクとかの基本的なことは注意してます。今の時期、散歩中は流石にしてないですけどね。幸い田舎なので密集にはならないです。そしてお店に入る時とかはマスクは着用します。自分もだけど相手も嫌がりそうですから。

でも家にいっぱなしという訳でもないです。お買い物に行くことも外食することもあります。基本的には近所のお店で買い物したいです。それがどんだけ小さくても地域の経済を回す歯車の一つだと思っています。フィギュアは買えるところないので近所のAmazonだけどね。

 

あとはワイドショーは見なくなったくらいかな。それでストレスがだいぶ減ったように思います。

 

(ステイツリー!ステイツリー!)

(あの勢いは思わず笑ったわ~)