伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

あなたの知らないあなたの強み読了しました!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20200726173006j:image

朝方に雨上がりだ~と言っていたのに、午後からまたえらい雨が降ってきて驚いています。朝の散歩で乙川を見たらものすごい増水していて雨の強さを感じました。明日は伊賀川沿いを歩くのも危ないかもしれないので久々に散歩コース変えてみようかなと思います。

 

この間、本屋さんに行ったときに見かけてついつい買ってしまった本です。宇宙兄弟好きだからね。表紙にこうやって出されると興味のひかれ具合がハンパないっす!内容どころかタイトルにあるFFS理論という言葉も聞いたことがなくほとんど衝動買いでした。

 

個性を凝縮性・受容性・弁別性・拡散性・保全性の5つの因子に分けてその因子の度合いが個性になるという感じでした。

僕は保全性・拡散性・弁別性が高いという事でした。宇宙兄弟のキャラクターだと近いのは伊藤せりかさんでした。どのキャラクターが近いとか見えるのはファンとして嬉しいですし面白いですね。

保全性は維持をしていく因子。拡散性は飛び出そうとしていく因子。弁別性は白黒はっきりさせる因子。

具体的に内容を見ていくとあてはまるな~と納得と思うことしばしばでした。保全性と拡散性は相反するものらしいですが、それも込みであてはまるな~と思いました。

 

僕がブログや何かやろうとする時の判断軸に面白そうと言うモノがあります。どうも保全性と拡散性の因子の判断基準は好きか嫌いかという軸にあるので、まさにそうだなって思いました。

また何かを始めるときは興味が強いけど続けていくのは興味だけじゃないなって思います。それはお仕事でもそうだなって思います。

ある興味から始めたことでも、それを続けるにはどういう仕組みが必要かと考える。まさに保全性と拡散性の因子が成すものだなって思いました。

 

この因子があるから良い悪いじゃなくて、それが強みであり弱さでもある。個性ってそういうモノだなって思います。そんな当たり前のことにも気づかせてくれた一冊でした。

 

(それにしても相反する因子の次が白黒はっきりさせる因子とは)

(その感じが僕らしさやなって思うよ)