伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

テーマを掲げてもそれを具体化できてなきゃ意味がいない!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20200522173853j:image

今回はリゼロよりエミリアたんのお届けでした!

f:id:drumdk49:20200522173924j:image

このフィギュアはお花とか植物とかと撮ると雰囲気がものすごくマッチする気がします。他のフィギュアでもお花と撮ることは普通にありますが、それらよりもマッチする感じが高いと思います。エミリアたんが持つ雰囲気がそう感じさせるのかなと思います。

 

最終日の今回は季節感とか関係なく撮りました。

テーマとして季節感を上げてはいるけれど、全3回の内テーマを軸に置いたものを2回、好きに撮るのを1回という風にしようかなと思いました。単純にそっちの方が面白そうに思ったからですけどね。ちょっと気取って言うとフリースタイルで撮るのも面白いかな!という感じです。

それにしても初回の時に反省しましたが、季節感というのは分かりやすいけど具体的でないですね。だからこそテーマとして恰好ではあると思いますが。

季節のテーマを具体化すると

桜 藤 アジサイ 新緑 川

とかかな。パッと思いつくのはこんな感じですね。

テーマを上げるのは一つの指標として良いと思うけど、その掲げたテーマを具体的にすると何になるかまで考えないとぼんやりしたままで意味が無いという事が分かりました。どこまで具体的に出来るかがその後の表現に繋がってきますね。

 

結局のところその具体化のツールが俳句の季語とかだったりするわけで。季語自体も具体的かと言われればそうではないです。そこから何を選ぶかまで行って初めてテーマの具体化となるのだと思います。

テーマ自体は抽象的であってもそこから行動に移すときはどこまで具体的に見れるかが表現の重大なポイントだと思います。明日からの撮影もそこまで考えてみます!

 

(で、明日の具体化はやっぱり緑かい?)

(もうちょっとだけ続くのじゃよ)