伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

金持ち父さん貧乏父さん読了!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20200126173804j:image

昨夜のアド街ック天国で不覚にも目頭が熱くなりました。地域とファンとの関係が本当に素敵で一度行ってみたいなって思いました。ラブライブサンシャインも地域とのつながりが見えたりしてそこから沼津という街が好きになりました。結局のところ一ファンとして望んでいるのはそういった関係性のところなんじゃないかなって思います。

 

さてさて予告通り金持ち父さん読了です。

f:id:drumdk49:20200126174256j:image

読んでいて一番引っかかったのが理由付けですね。引っかかったというか手が止まったというか、やっぱりそこが大事なんだと改めて感じました。という事で一度手を止めて自分なりに理由付けを考えてみました。

お金に困りたくない

ストレスを溜めたくない

やりたいことをやりたい時にしたい

チヤホヤもされてみたい

パッと書きなぐったのがこんな感じでした。したくないというのが多いですが金持ち父さん的にはしたくないとしたいが合わさるのもOKというようなことを言っていたからまあ良しとします!

色々とメモをしながら読んでましたが、最後まで読んで自分なりに咀嚼すると

・勉強は大切

・学んだら行動に移す

・与えられる人間になりなさい

・自分にとってのヒーローはいるかい

・寛大でありなさい

というところですね。

 

お金の教養にしてもそうですが常に最新を知るという事とそのための情報源を持つことは大事なことです。常に学ぶ姿勢を持つことが大事です。そして学んだら実行する。躊躇することもあるけれどやってみることが大事だと思いました。ただ考えなしに動いてもアカンとも言ってました。動くときにはやっぱり情報を掴まえることが大事です。

与えることで与えたものが後になって帰ってくる。知識・情報・お金・笑顔などなど見返りを求めずに与えることが大事です。そのことで書かれていた中で強烈だったのが、足りない、必要と感じた時はまず自分がそれを人に与えること。与えるというのはそういったレベルでするものなんだと思いました。

ヒーローっていますか?パッと言われて誰だろうと考えてしまいますが、ヒーローがいる人はそのヒーローを真似たり、あのヒーローだったらどうするか、どう考えるかと思考します。そういう形でトレースすることによってヒーローから学ぶことが多いです。お世話になっている方に学ぶの語源は真似ると言われます。この考え方は大事ですね。

そして寛大であるという事。これは僕の解釈ですが、広く大きく在るということは翻って謙虚でもあるという事だと思います。尊大ではなく寛大。良く実った稲穂ほど頭を垂れているものです。器を大きくしていきます。

 

通して振り返ってみると、税法や投資テクニックなどスキーム的なことではない部分、教養についてや、与える人間になるという事だったり、行動することが大事だという事などがものすごく参考になりました。おそらくこういった部分が普遍的なものだからこそそう思うのだと思います。

本編で不動産ビジネスで儲けていたなど今の自分が悩んでいることに対してのワードが出てきてそっちに引き寄せられそうになりましたが、自分のことなのでそこは自分の考えを持って行動していきます。そもそも不動産ビジネスをせよ!って本でもなかったですね。この人の場合は結果そうだっただけで。税金テクニックも日本じゃ付けないだろうし。その辺りを日本にはこういうルールがあるから使えない!もしくは使える!って言えないのが勉強不足というわけですわ。

まずは不動産ビジネスというものの勉強と会計の復習を始めるとします。

 

(大洗行きたいね~。アンコウ鍋美味そうやったね~)

(行ったらメインはガルパンパネルになるけどな)