伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

思い当たる節のありすぎる5つのハードル。金持ち父さん実践編その1を読みました!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20200125174557j:image

ということで(どうゆうことで?)早速マリーの写真を撮ってきちゃいました!撮っていて気付いたのですが正面からはもちろんカワイイのですが、今回のような横からのショットもカワイイ!!本当に買ってよかったと思えるフィギュアです!!

それにしてもツイッターで画像投稿する時の画像編集が変な感じに。不具合か何かかな。気に入ったフィルターもあったのでちょっと残念です。まあ別のアプリを使うこととするかな!

 

さてさて金持ち父さんのお話。今回は実践編その1。5つのハードルをクリアしようというお話でした。

5つのハードルと言うのがこちら

恐怖心

臆病風

怠け心

悪い習慣

傲慢さ

どれも今の自分の鍵となっているフレーズでした。

 

誰しも失敗を望んでいるわけでは無いです。だけど失敗するのが怖い。そしてその恐怖心から一歩を踏み出せなくなってしまう。そして踏み出した先でももし何かあったら、もしダメだったらどうなっちゃうのと足がすくんでしまいます。それでも理屈ではやった方が良いと分かっちゃいます。でもねタイミングじゃないとか、今日は疲れてるしとか、色々な言い訳を始めるわけです。

悪い習慣のところは正直ピンとこなかったところでもあります。自分なりに解釈をするならば自身に対するお金をまず使うようになる。つまり自己投資がスタート。それでも支払わなければいけないものがある。自己投資をした上で支払うようにするのが良い習慣。ということかな。普通は逆で支払いが先で残ったお金で自己投資をしている。これが悪い習慣という事だそうです。ここはイマイチかみ砕け切れてないです。器を広げるにはまずは器自体を大きくするという事かな。よく聞く引き寄せの法則とかでもそうなりたいという自分(服装とかアイテムとか交友関係とか)に無理やりにでもまずはなることがスタートとか目にするのでそういう事かな~と思いました。

で、傲慢さ。分かりやすかったです。知らないこと、詳しくないことに対して素直になれないと人は傲慢になる。自分でも思い当たる節があるな~と思いました。分からないことや詳しくないことに限らず素直でいることが大事だな~と改めて思いました。

 

金持ち父さんもこれで実践編があと二つとエピローグを残すのみとなりました。残りは最後まで読み切ってそこの感想と総まとめにするとします。ゆっくり読んで一つずつ振り返ってみるのも発見があって面白い読み方だと思いました。

(それにしてもマリーがカワイイ)

(大事なことなので2回言いました)