伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

チームもリーダーもそれぞれのスタイルがある!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20191222174412j:image

も~い~くつ寝~る~と~クリスマス~。

て明後日がイブですね。今年もあとわずかとなりました。

そして今朝は寒かった。やっと冬が来たという感じですね。

この3日間も同じ日にまとめて撮った写真を使っていたのですが、このころは赤くなった葉っぱがたくさんついている木も見かけました。今朝はその木の葉っぱも散り始めていて冬が来たんだな~としみじみ思いました。

 

さてさて今日は読書感想文。

f:id:drumdk49:20191222174449j:image

「今いる仲間でうまくいくチームの話」

という本を読了しました。

宇宙兄弟がベースとなっていて宇宙兄弟好きの自分としてはモデルケースなどが親しみがあり分かりやすかったです。まあ、表紙に六太がいたので買ったんでしょと言われたらその通りでございます。としか答えられないですけどね。

 

リーダーと聞くと思い浮かべるのが、孫さんや前澤さんのように常に革新的なことにチャレンジし続ける人や周囲を自分のパワーで引っ張っていく人というようなイメージがあります。

少なくとも六太は自分が思い描くようなリーダーでは無いですね。

ですがこの本を読んでいくと六太のようなリーダーもいるし、孫さんや前澤さんのようなリーダーもいる。そもそもリーダーもチームもそれぞれで違っていて当たり前なんだという事に気付きました。

僕自身がどれだけ頑張っても孫正義にはなれません。そんな僕でもリーダーと言われるような立場になることはあったりするのですが、ビシ!と言わなくてはいけないというわけでもないんだと思いました。そういう場面がこればやるかもしれないですけどね。ただそれが僕自身に向いているかどうかという点が重要なポイントなのだと思います。そして自分としてはあんまりそういう事はしたくないな~っていうのが本音だったりします。

じゃあどうするかというと自分に合ったスタイルでチームをまとめていくのが良いのではないかなって思いました。ほかの方と比べても仕方ない。けど他の方のアイデアや意見、やり方は参考にして自分の手法に合わせてパクッていけばいいのだと思いました。

 

この本ではリーダーのスタイルとして4つのスタイルが挙げられていました。

ファシリテーター

・マエストロ型

ティーチャー型

コンサルタント

この4つです。そして自分がどれに当てはまるかのチェックシートが付属しています。

10個の質問に対してそれぞれのスタイルの回答があり、どれが自分に近いのかを〇していくのですが私の結果はと言うと

ファシリテーター型 4つ

・マエストロ型 3つ

ティーチャー型 0

コンサルタント型 3つ

という結果になりました。確かに4-3-3システムは好きだけどね。

どちらかというとファシリテーター型が強い感じなのかなと思いました。ただこの結果を見て興味深いのがティーチャー型は一つも丸が無かったということ!つまり僕がチームを作る際にはティーチャー型の人と組むとお互いの個性を合致させやすいのだと思いました。また人にものを教える先生は向いていないのだという事も分かりました!

自分が何が出来るのかというよりも、何が出来ないのかがまずは分かったのが収穫ですね。そう言ったところに注意していきたいと思います。

読書をすれば発見や気づきがある。だから読書は大事ですね!

 

(リーダーと言えばスーパーリーダーたけし!)

(あれはまたちょっと違う!)