伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

ファシリテーションの勉強!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20191117174037p:image

とりあえずデレステのARも試してみました!上手く撮れるかどうか以前に引継ぎが上手くいくかどうかが心配でしたが杞憂に終わって良かったです。

で撮ってみたけどスケール感があってるかなとちょっと思ったりもしました。ただ足元の段ボールとかかかってるタオルとかを見るに恐らくあってそうかなって感じですね。流石に広角レンズは使えない(というよりもレンズを選べない)ですが遊べるアイテムが増えるのは素直に嬉しいですね。

 

今日は朝から一宮へちょいとお出かけ。ファシリテーションのお勉強に行ってきました。何となくイメージはあるけど実際にファシリテーターとかなんぞやというところも思ってたりしてました。

辞書を引いてみると、

 〔容易にすることの意〕

とあります。うん、なんのこっちゃか分からないや。実際にやってみたことを振り返りながらファシリテーションを自分なりに考えてみようと思います。

 

【お題】

まずは4人一組のグループに分かれて与えられたお題について話していきます。ちなみに今日のお題は

・令和元年を漢字一文字で表すと

・多様性を認める社会をつくるために、今私たちができることは

の2つでした。

【進行】

ここでファシリテーター役の方が議事進行をしながらボードに出てきた意見を書いていきます。このボードの書き方は自由。色々なスタイルはあるけれど議題に合わせた最適な形を採用していくのがよさそうだと思いました。

【最適解】

各々色々な意見が出てくるのでそれぞれを時に分類したり、時に拡大化縮小化したりしてグループとしての意見を集約していきます。

【振り返り】

お題に対する話し合いの振り返り。良かった点や改善点を話し合っていきます。

振り返りは違う人が議事進行を務めていきます。ちなみに僕が担当したのはここでした。

というような流れでした。

要するにお題に対して進行していきながらみんなの意見をまとめる人ってことかなって思いました。何となくはイメージがあっても意味が分からないことを具体化することは大事やなって思いました。

 

感想ですが、お題に対する意見もモチロンですが進め方まとめかたも色々なやり方があるのだと思いました。

多様性って何となく意味が分かるけど具体的にどんな感じっていう分かりやすいイメージを出していくところもあれば、まずは思いついたことをどんどん出していくというところもありました。

漢字一文字の時には振り返りの時に出てきた意見で、まずは漢字一文字を出すのではなくて今年のイメージを話し合って膨らませてから今年の一文字にしていくというアイデアも出てきました。それ以外にも新しい漢字を作っちゃったというところも!

やり方考え方それぞれあって自分がどういう風にやるのがベストなのかって考えるきっかけとなりました。

また、出てきた意見をボードに書いていくのも良かったです。話し合いだけだと途中で何を話していたのか、そもそも問題は何だったのかってなっちゃうこともしばしばあったりします。それをボードに書いて見える化すればより効果の高い話し合いが出来るのだと思いました。

だからボードのまとめ方も重要!今日の先生がまとめられたものはめちゃ分かりやすかったです。そして何の話をしていたのかがよく分かる!いい勉強させていただきました。

f:id:drumdk49:20191117174116j:image

自分自身、会社での話し合いや所属する会での話し合いで進行を務めることがあります。今日の学びを活かして備えていきます!

 

-それにしても自分のまとめ方はちと厳しいわ

-ここに出すのもはばかれるわ。まあだすけどね。

f:id:drumdk49:20191117174124j:image