伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

ぽんぽん痛いから思う事!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20191109173416j:image

まだぽんぽんがちと痛い感じでございます。これだけになったのは前職辞めてフリーターやってた時に友人と和歌山行ったとき以来だな~。あの時もひどかった。高速のSA、PAあるたびに止まったもんな~。出るもの出るときは良いけど出ない時がただひたすら辛かったわ~。その前にも一回あったけどそん時もおなじだったわ~。

その時の経験からしてもあと2,3日で治まるかな。実際に昨日よりは痛みも治まってきてるしね。たまにはこうやって出すもの出すのも人間には必要かもしれないですね。

 

風邪を引いたかな~と思ったのが木曜日の日中。でちょっと風邪っぽいかもと嫁ちゃんに伝えたのがその日の夕方。寒気が止まらなかったのがその日の夜。お腹の痛みもこの日の日中からでした。

結果論ではあるけれど嫁ちゃんに言ってから症状がきつくなってきました。病は気からと言いますが実際に自分で口に出してしまうとそれに飲み込まれてしまうこともあるのだなと思いました。

じゃあ、誰にも言わずにシレっとしとけば悪化しなかったのかと言われてもそうはしなかったので分かりません。そりゃあ多少は体調が悪い時に誰にも言わずに生活して良くなったこともあるけれど、その時はその時でじゃあ誰かに言ったら悪化してたのかと言われればそんなことしなかったので分かりません。まあそんなものですわ。

それでふと思ったのですが、誰かに言うくらいの時は身体のSOSを感じてた時なのかもしれないですね。自分の中で抑えきれないから誰かに伝えてしまう。そしてそのあとに悪化する。だから病は気からとなる。ってね。

まああくまでも僕の体験でしかないけどね。

「病は気から 実例」とかでグーグル先生のきいてみると1,810,000件ヒットしました。その中を見てみるとプラシーボ効果の文字もちらほらと。確かにプラシーボ効果もそういう事だわな~。やっぱり気の持ちようは大事なのかもしれないですね。

 

出すだけ出すというのは過去にやった時に行った病院の先生のお言葉です。

ぽんぽん痛いときはこの療法で治ったのでやっぱり消化の良いもの食べて暖かい格好して大人しく過ごしますわ。

それにしても熱燗が美味しい季節になりましたね。