伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。真面目な話はほどほどに趣味のマンガやアニメのお話が多めなブログです。

発見のあるセミナーでした!なお話です

こんにちは!

マリーde特訓も6日目!


f:id:drumdk49:20190610174047j:image

f:id:drumdk49:20190610174052j:image

f:id:drumdk49:20190610174041j:image

そろそろ特訓も切り上げようかなって思いだしたりしてます。

あと1枚、逆光の写真が撮りたいのだけど太陽が出てこないのでなかなか難しいです。

そのあたりがポイントかなって思います。

 

そんな朝の手ぬぐいはこんな感じでした。

嫁ちゃんがモクモクファームに遊びに行ったときに買ってきてくれた手ぬぐいです。

ブタさんのイラストが可愛い1枚。

僕自身はモクモクファームって行ったことないんですけどね。

 

さてさて昨日のセミナーのお話。

胸に刺さったのは大きく二つ。

発信を次のステージに上げること

AIに個性があるということ

 

今の発信は毎日自分らしさをだして出来ているんじゃないかって思います。逆に言うと自分が興味あることしか上げてないですけどね。

もうちょっと別の角度を持ってくる段階に来たのかなって思います。

完全趣味の世界だけでなくて、もうちょっとお仕事のことも絡めていったのが良いかなって思いました。

そこに僕らしさ(=今ならフィギュアの写真とかですね!)をドッキングしていくともうちょっと面白いことが出来るかもしれないです。

徐々にスタートを切っていきます!

 

もう1個、AIに個性があるというお話ですが、正確にはAIの基となる入力されたデータによって判断基準が変わるという事です。

ビッグデータでどんどこ入力されたデータなんでしょうけど、そのデータをどこまで集められたかでAIの精度も変わるんじゃないかな。

そういう意味では中国はものすごい多くのデータを収集しています。

日本だとちょっと苦戦しそう。

AIの基礎であるビッグデータの入手によって出てくる違いが個性になるんじゃないかなって思いました。

AIの進化もありますが、インプットがどれだけされるか、はたまた入手したデータをどこまで使うかで答えが変わってくるんじゃないかな。

そうなるとAIver.高田純次とかAIver.ジェフベゾスとか、そういうのは極端な話としても、色々なAIが出てくるのかもしれないですね。

その表現として個性と言う言い方をしているのが面白かったです!