伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。真面目な話はほどほどに趣味のマンガやアニメのお話が多めなブログです。

知っているかどうか!なお話です、、、のはずだったんだけどな~

こんにちは!

f:id:drumdk49:20190519174136j:image

今日の西木野真姫ちゃんはライブのワンシーンみたいに撮れました!

こういう感じのを撮りたかったんですよね~!

ほとんど偶然ではありますが撮りたいと思っていた一枚が撮れたので満足です!

そんな今朝の手ぬぐいはこんな感じでした。

仙台四郎って初めて知ったのは水木しげるのマンガだったな~。

商売繁盛の神様なのですが、知ってみると色んなところで目にしたりします。

やっぱり知っているか知らないかで見えるものも変わってくるのかなと思います。

 

知っているかというとちょっとお高目なお洋服もそうですね。

個人的に好きなマンガ「服を着るならこんなふうに」で出てくるように最低限の服装であればユニクロやGUでもOKだと思います。

f:id:drumdk49:20190519174306j:image

現に僕もユニクロ製品使ってますしね。パンツとかシャツとか色々と。

ただそれだけで良いかというとそうではないと思います。

一着何十万もするようなお洋服である必要はないけれど頑張れば買えるモノを知っているのも大事かなって思います。

そういう幅を知っているかどうかが人生の深みになってくるんじゃないかな。

 

例えとしてお洋服を出しましたが、僕の趣味であるフィギュアでも同じです。

中古フィギュアショップに行けばそれこそ数百円からフィギュアって買えます。

最近はUFOキャッチャーの景品とかでも結構クオリティ高いです!

f:id:drumdk49:20190519174407j:image

じゃあそれだけで満足できるかといえばやっぱりそうじゃないんですよね。

この間注文したフィギュアのように1万円オーバーのものとかも欲しくなっちゃうわけで。

f:id:drumdk49:20190519174603j:image

ただ両方を知っているとこれならば買っても良いかという自分なりのラインが出来ます。

それは値段が高い方でも低い方でも同じ。どこに自分のこだわりのポイントがあるかというところじゃないかなって思います。

 

ちょいお仕事からめて家具でもそうです。

なんでも良ければニトリドン・キホーテで大体揃えることはできます。

ただ家具は暮らしのワンシーンとなるもの。僕が家具を選んだ時は新婚の新居ということもありました。

すべてにおいてものすごく良いものというのは難しいので、どこにポイントを置くかということで考えてみました。

その時の僕の答えがダイニングテーブル。それも丸テーブルにするということ。

f:id:drumdk49:20190519181756j:image

なぜなら丸テーブルであればに座った時に全員の顔が見やすい。

家族がそろって食事をしたり、団らんをする場ということでここに重点を置きました。

反面、椅子は手ごろなものを選びました。

まあ、テーブルは比較的長持ちしやすいという計算もあるんですけどね。

 

ちょっとしたところにこだわりを持てればそれだけで選択の核になるし、遊べる幅も大きくなると思います。

そういうこだわりを持つのもまた人生の深みに繋がっていくのかなって思います。

ということが王様の仕立て屋のお話にもありました!

f:id:drumdk49:20190519181842j:image

それにしても今回はいつにも増してよく分からない着地になっちった!

その辺りは僕らしさということにしておきまーす!!