伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。と言っても大半は好きなマンガについてお話だったりします。

amazonの本、読了!なお話です

こんにちは!

昨日に続いて今日もお酒な気分。

連日飲みには行けないのでワインを買ってきました。

東洋経済の記事であったけど、日本ではロゼをあまり飲まれないと言うのは本当だと思いました。

買いに行ったスーパーにロゼ全く無かったもの!

たまに飲みたくなるんですよね。ロゼ。

結局飲めたから良いですけどね!

 

さてさて昨日読みかけだった成毛眞著 のamazonの本を読み終わりました。

f:id:drumdk49:20181029005720j:image

地味にカバー裏もこだわった作りになっているのがグッドですね。

実際に読み終わって率直な感想は、amazonは笑っちゃうくらいドデカイんだな〜って事です。

プライム会員ならビデオや一部電子書籍読み放題のサービスとかあるのは知っていたけど、そんな次元じゃないのね。

ベゾスが自社の把握をしきれていないとか何やねん、それ!って感じですわ。

しかも巨人のように圧倒的パワーを振るってくるとか、何やん!って感じです!

最後には一周回って実店舗に戻っきたりしています。

 

ただ、本を読んでみるとamazonなりの理屈があって、その上での進撃具合を見てみると納得できるんですよね。

それを支えているのが、amazonの理念である「全てはお客様のために」の精神だと思います。

amazonが見ているのはあくまでもエンドユーザー。

エンドユーザーが喜んだり、楽しんだりするための活動をしているのだと思います。

それが端的に現れているのが、amazonのcmじゃないかな。

amazonで買ったモノが物語を生んでいる。

お客様の事を考えてきたamazonならではのcmだと言うことに、この本を読んで気付きました。

 

本としては結構読みやすい本でした。

図とかも効果的に使われていました。

経済の事を捕捉するための基礎的な事が書いてあったりと分かりやすくなっていました。

 

これからの社会の動きを見る事ができるかもしれない、良い本でした!!