伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。と言っても大半は好きなマンガについてお話だったりします。

超理論派サッカーマンガ!なお話です

こんにちは!

今日は雨が降りそうな空でしたが、1日もちましたね。

ただ明日から1週間雨な予報だとも聞いているので用意がいりますね。

そう言えば、梅雨入りしていたと思い出しました!

 

さてさて、ワールドカップという事で、今日はサッカーマンガのお話です。

そのマンガとは、

f:id:drumdk49:20180618011233j:image

フットボールネーション」

です。

本格的に読むようになったのは最近の事ですが、マンガ自体は以前から知っていました。

絵がね、ちょっとな〜と思っていたんですよね。

やっぱりマンガの入り口は絵になると思います。

そこで抵抗感持っちゃうとなかなか手を出せなくなっちゃいますね。

読み始めのきっかけはマンガアプリのマンガワンからです!

マンガアプリってこういう時に気軽に読めるので良いですね。

フットボールネーションは期間限定だったので今は読めないですけどね。

ただGKのお話のところから買っちゃいました!

それくらいハマっております。

 

内容としては一癖あるメンバーばかりのアマチュアチームが天皇杯の優勝を目指すというものですが、このマンガの特徴はそのストーリーではなくて随所に挟まっている理論にあります。

身体の使い方、シューズの重要性など今までのサッカーマンガにはなかった理論のオンパレードでした。

ちょうど今、ワールドカップで世界のプレーを見る機会が多くあるので、このマンガに出てきた点に注目して見てみると、確かにな〜〜と思える場面が多くあるように感じます。

DFの重心の位置などはすごく分かりやすかったです。

確かにDFの時って重心を低くと思ってましたが結構高いんですよね。

 

そしてもう一つ、このマンガを読んでから注意している事が歩き方!

もも裏を使って歩く!

どうもこの歩き方にダイエット効果もあるらしく、余計に気をつけてしまいますね。

 

ワールドカップと言い、このマンガと言い、また球を蹴りたくなりますね。

球蹴り遊びとかやりたいな〜と思ったりしちゃいます!