伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。と言っても大半は好きなマンガについてお話だったりします。

P・Tバーナムの20の黄金ルール!なお話です

こんにちは!

木曜に雨が上がってから晴れ続きで少しずつ暖かくなってきましたね。今日は名古屋までお世話になっている方の新築物件の内覧会に行ってきたのですが、道中の運転が眠くなってしまって。適度な休憩は大事だな~と思いました。

あ、物件は真っ白な外観が今日の空に映えるステキな物件でした~!!

f:id:drumdk49:20180324181705j:image

 

さてさて、先日からちょいちょい話題に出している「グレイテストショーマン」ですが、その影響をバリバリに受けてこんな本を買ってしまいました!

f:id:drumdk49:20180324181729j:image

「富を築く技術」

P・Tバーナムの商売を行う上での20の黄金ルールを書かれた本です。

これがなぜ「グレイテストショーマン」と関係があるのかというと、、、

著者のP・Tバーナムはグレイテストショーマンの主人公だからです!いや、まあ見終わってパンフレットを読むまで知らなかったんですけどね。

 

本の内容ですが、銀行の預貯金による金利のお話以外は現代にも通じるものがあると思いました。バーナムは1800年代の方ですので、今から100年以上も前のお話でも通じるものがあるんですね!

よくよく考えてみたら、論語孫子の兵法は2000年も前のお話ですが、現代でも大事にするべきことが書かれてます。真理というのは時代を超えるものなのですね。

話を戻してと。銀行の預貯金のお話は低金利の現代では確かに通じない内容ではありますが、お話の核となる部分は今では形を変えて通じます。

もともとのお話は、毎月1000円でも銀行に入れておけば利子で儲けれますよ、というお話なのですが、本質的な所でいうとお金にお金を稼がせるようにしなさいと言ってるんですよね。バーナムの時代の堅い方法は銀行預金だった。それを現代社会にはめたらどうなるかというところです。

 

で、この20の黄金ルールですが、まず最初に言われているのが職業の選択を誤るなということです。自分の能力にあったことをやりなさいと言ってます。

次に正しい場所を選べと言ってます。需要が満たされていて同じ分野の競争相手がいるとこでは商売を始めない。

どちらも当たり前といわれれば当たり前のことを言ってるんですよね。ちなみに3つ目は借金をしないです。ツケ払いはやめなさいということを言ってます。いつもニコニコ現金払いということですね。ツケで払うための利子はもったいないと言ってます。ちなみに土地の購入は借金してもギリOKらしいです。

そういえばバーナムさん、映画でも借金でえらい目にあいかけていましたね。

 

この3つ目までは実践的な内容でして、4つ目以降は心構えのお話となっています。最後のルールは常に誠実であることとなっています。

結局のところ

誠実であること=信頼を得るということ

ですね。

それが一番大事なことだと思いました。