伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。と言っても大半は好きなマンガについてお話だったりします。

神は細部に宿るってそういう事か!なお話です

こんにちは!ぼちぼち寒波が戻ってくると聞いてちょっとびくびくしております。言ってもまだ1月ですから寒いのが当たり前なのですが、一度暖かい日を知ってしまうとこのまま暖かくなってほしいと思ってしまいますね。

 

さてさて、今日は弊社のライフスタイルショップGOMANGOKUのミーティングでした!

f:id:drumdk49:20180120174303j:image

僕自身は自社の別の事業部所属になるのですが幹部陣としていつも参加させていただいております。そのミーティングで今後の企画の話が出てきたのですが、その時にふと思ったのが細部を深く考えることって大事だな~という事でした。

「神は細部に宿る」と良く言われておりますが、この手のお話を聞く時って職人技に代表されるような「ものづくり」のお話の時がほとんどだったな~と思います。なので、小売りやサービス業である自社にはあまり関係がない言葉なのかなとも思っておりました。

 

でもそうじゃないんですよね。今朝のミーティングで参加していてそういう事か!と思いました。

新たな企画であったり、普段の業務であったり、その中にも大切な細部がたくさんあります。そういった細かいところに意識が向けられるかどうかってものすごく重要なことだと気付きました。だから「きめ細やかなサービス」という言葉があるのだなと、今書きながら思いました。やっぱり「神は細部に宿る」なのですね。

 

大前提として大きな目標や夢、志を持っているという事がありますが、大きな視点を持って進む方向性を決めるのも大事。それと同じくらい足元で細やかな気配りができているかを見ることも大事。どっちも大事なんですよね。その両方が揃っている会社が強い会社なのかなと思います。

やるという方向を決めて動くときは大きな視点で、実際に現場や実践レベルに落とし込むときは細部まで深く考えて、そうやって動くことでお客さんの満足度を高められるのかなと思います。思い切ってやるのとテキトーにやるというのは違うという事ですね!

自分の部署でも新たな企画を立てるときは大きな方針とそこから深く細部を見るという事を意識していきます!