伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。と言っても大半は好きなマンガについてお話だったりします。

初めてお顔を見ました!なお話です

こんにちは!356日目の更新です!

今朝は雲が多い空でしたが穏やかな天気の1日でしたね。こういう日にゴルフや行楽行くと楽しいだろうな~と思いました。ぼちぼちと冬も本番に向かっています。ゴルフは年内にあと1回行くので、そこで今シーズンはいったん休憩かなと思います。

 

今朝の日経新聞にとある方のインタビュー記事が載っていました。

f:id:drumdk49:20171210175918j:image

様々なペンネームを持ち、そのペンネームごとにマンガの原作をやられている方です。代表作は「金田一少年の事件簿」や「神の雫」、「エリアの騎士」など幅広いジャンルのマンガの原作をされている方です。

その方の名前は樹林伸さん。

そうノストラダムスで有名な「マガジンミステリー調査班」ことMMRで主役のキバヤシその人です!

f:id:drumdk49:20171211002940j:image

 

初めてお顔を見ましたが、MMRの雰囲気は全くないですね。MMRの頃はマガジンの編集部だったので流石にそういったところはキチンとされていたのだと思います。

このキバヤシ、ではなくて樹林氏が金田一少年の事件簿の原作をされていたのはどこかで聞いたことがあったので知っていましたが、ワインマンガ「神の雫」やサッカーマンガ「エリアの騎士」など多くのマンガの原作をしていることは知らなかったです。写真も含めてある意味でノストラダムス以上の衝撃ですね。

f:id:drumdk49:20171211003000j:image

 

このブログでもMMRのことは書いたことがありますが、当時はあの独特の雰囲気と言いノストラダムスにめちゃめちゃビビっていました。懐かしいです。まあ、それだけ純粋な少年時代だったという事だと思います。

本当に怖かったですね。地球が、人類がどうにかなっちゃうと信じていましたから。そう信じさせるだけの説得力があのマンガにはあったのだと思います!

 やっぱりマンガにはパワーがあるのだと思いますね。