伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。と言っても大半は好きなマンガについてお話だったりします。

結局餓狼伝とどう繋がっているのかが分からない!なお話です。

こんにちは!292日目の更新です!!

今朝のツイッターの投稿で遂に社員さんがフレームインしてくれました。

と言ってもピースをしている手だけでしたが。

毎朝自分がやっている事を見せて、こういう発信で会社の事やマンションの事を知ってもらえたら良いよね~と話していたので、今朝GOMANGOKUに向かう車内でピースサインしてくれたのだと思います。

地味な事ではあるけれど、こうやって前向きに参加してくれたことが嬉しかったですね!

 

さてさて本日のマンガはこちら!

f:id:drumdk49:20171007173920j:image

「真・餓狼伝

です!

餓狼伝という夢枕獏先生の格闘小説がありますが、それが原作なのかなと思います。

そちらを読んだことがないので分からないです。

あと、刃牙シリーズの板垣恵介先生の餓狼伝は繋がりがあると思いますがどうなんだろうって感じですね。いまいち繋がりを描かれていないので。

 

真・餓狼伝の主人公は丹波文吉で餓狼伝丹波文七なのでご先祖様のお話なのかどうなのか。文七の方が何とか流で戦うって感じがしなかったのでそう思います。

 

餓狼伝の方は置いておいて、真・餓狼伝ですが、明治時代のお話となっており、あの柔道の開祖嘉納治五郎も出てきます。というか嘉納治五郎と戦ったりします。

 

物語の根底としてあるのが、文吉の成長と父親の愛のお話なのかなと思いました。親父さんは決して強者として描かれていないですが、芯が通っている人間として描かれています。

その芯の強さが親父殿の強さなのだと思いました。くさい言い方ですが愛の力の強さが親父殿の強さなのかなと思います。

 

やっぱり餓狼伝とのつながりが気になってきますが、とりあえず餓狼伝を読み直すところから始めていこうと思います。

あ~また読みたくなったマンガが増えた~!

こうやってマンガの世界が広がっていくのは楽しいですね!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!