伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。と言っても大半は好きなマンガについてお話だったりします。

これも一つの僕の原点!なお話です。

こんにちは!266日目の更新です!!

昨年末からまずは1年毎日ブログの更新をやっていこうと決めて再開したこのブログも目標の365日目まであと100日を切っていました。

昨日、更新してから気付きました。

あと99日!しっかりと毎日更新していきます。

継続するにはやると決めることと、一つのテーマに固執しないことが大事かな~と思います。

このブログも再開当初はマンガの事しか書かない予定だったのに、セミナーのことや、ゴルフの事や、お休みの日の過ごし方など、当初のテーマであったマンガからちょいちょい離れていってます。

自分が好きな事を発信しよう。

これを原点にこれからもブログを書いていきます!

 

さてさて本日のマンガはそういう意味ではある意味で原点なこちらのマンガ!

 

f:id:drumdk49:20170911174028j:image

「哲也~雀聖と呼ばれた男~」

です!

何が原点かと言うと、このマンガを読んで麻雀をやってみようと思いました!

正確には、このマンガを読んでゲーセンの脱衣麻雀にチャレンジしようと思いました!

まあ、そんな付け焼き刃とも言えない麻雀能力で勝てるほど脱衣麻雀は甘くなかったです。懐かしき青春の日々ですね。

 

麻雀放浪記阿佐田哲也の青春時代を描いた麻雀マンガなのですが、それまで麻雀って聞いたことはあるけれど縁のないものでした。

なのでこのマンガは僕が麻雀に触れるきっかけとも言えますね。

縁が全くなかった麻雀なので、対局の説明とかを読んでいてもチンプンカンプンでした。言っている意味が分からない。あと、最後はイカサマが大事なんだね!と間違った麻雀知識を得ていったように思います。

ちなみに麻雀を打ったことがあるのはPCのゲームか、ゲーセンくらいで、人と打ったことは数えるほどしかありません。牌を積むのにも一苦労な感じです。

あと、ゲームで麻雀に触れていて、上がることしか考えていないので役もろくに覚えていなかったりします。まあその程度です。

 

ただ、麻雀、それもオッサンばかり出てくるマンガを少年誌でやって、その上アニメ化までしているのはものすごいことだと思います。

チャンスはどこにあるのか分かりませんね。

スラムダンクも連載前はバスケマンガは流行らないと編集者に言われたそうですが、結果は皆さんご存知の通りだと思います。

 

そういえば阿佐田哲也ペンネームで本名は違うそうです。

f:id:drumdk49:20170911174046j:image

 

このペンネームの由来は徹夜で麻雀やっていて「朝だ!徹夜!」というところからきているそうです。以上豆知識でした。

 

本日はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございます!