伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

オタ活以外の事にも手を出し始めた帰郷編です!

こんにちは!182日目の更新です!!

昨日のページビュー数が100件超えてました!いつもは大体30件行けばいい方な感じなのに100件超えたのは驚きです!キングダムのお話の時に70件超えたことはありましたが、この数字は驚きと嬉しさが半々という感じですね!

ツイッターやFBのイイネもそうですが、こういう数がすべてはないと分かっていても数が多く来ると単純にうれしく思います。ありがとうございます!

 

さてさて過去のお話もあと3つ!帰郷編、結婚編、今のお話の3つで締めたいと思います。最後の今のお話はまとめのお話にしようかなと考えています。

 

今回は会社を辞めて実家に帰ったお話です!

資金難を理由に西宮でのプータロー生活を切り上げ実家に帰ったのですが、ここで大きな問題が!

それは部屋のそこら中にあるオタグッズをどうするかということです。この当時でさえもおそらく両親にはマンガ好きくらいにしか思われていなかったと思います。実態はまさにオタクど真ん中!このグッズをどうするかというのは大きな問題でした。

全部は持って帰れないので、仕訳をしてやっぱり捨てられないものは梱包してとグッズの選別をしました。

実家に帰って最初に行ったことがお部屋のセッティングです。マンガ類を始めフィギュアなども陳列して、ケースも新たに買ったりしてと結局オープンにしました。そのあたりは色々とありましたが、何とか無事に部屋にグッズ類を並べることが出来ました。

からの大暴走!減らしたグッズ類は色々と注意をしながらもやっぱり増えていくのがオタクの常!フィギュアも順調に増えていきました!

フィギュアは一体迎えると友達が増えていくと言われていますが、やっぱり増えていきましたね!

 f:id:drumdk49:20170619155622j:image

この写真は当時の机の上の状況なのですが、FBで公開した写真だったりします。懐かしい。

 

この当時にドはまりしたのが「タイガー&バニー」。また映画でも「けいおん」や「魔法少女リリカルなのはA’s」が上映されていたりと大盛り上がりでした!

「タイバニ」はマンガ原作ではなくアニメオリジナルの作品で、「ウイングマン」や「電影少女」の桂正和先生がキャラクターデザインをされた作品です。いわゆるヒーローモノのお話ですが、そのヒーローにスポンサーが付いているのでコスチュームにsoftbankなど実在の企業の名前が入っていたのが衝撃的でした!

 

そんなお気楽な実家暮らしでのオタ活をしていたのですが、少しずつ気になってきたのが結婚です。

それまで女の子と付き合ったこともなく、また付き合える気もしなかったです。服装も全然何も考えない服装でした。服は着れれば良い。そういう考えでした。

人は見た目からとはよく言われることです。なのでそういった服装の部分も気にしだしたのがこの頃でした。

知人のショップに行ったり、高いジーパンを買ったり、髪形をいじってみたりしていた頃ですね。

f:id:drumdk49:20170619155636j:image

ちなみにこの髪型の再現は出来なかったです。

 

そして親戚の紹介で一人の女性と出会います。その彼女こそが嫁ちゃんです!

ということで次回の結婚編へと続きます!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!