伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

東京という場が持つエネルギー!

こんにちは!172日目の更新です!!

昨日の雨も止み、今日は青空が見える一日でした。午後からちょっと外回りに行ったのですが車のドアを開けると熱気が!いよいよ夏が来るということをひしひしと感じさせられるもあっと感でした。

嫁ちゃんによるといよいよ梅雨入りしたという事なので、この梅雨が明けるといよいよ夏ですね!それまでに少しでも体を絞ろうと思います。

 

さてさて本日のマンガはこち

f:id:drumdk49:20170609175321j:image

まんが道 7,8巻」

です!

いよいよ上京した足塚茂道の二人の東京での出会いと環境が変わったことによって漫画への情熱がより熱くなっていく二人を描いた巻でした。

f:id:drumdk49:20170609175334j:image

 

トキワ荘の住人も登場し、新たなマンガの連載を得るために日夜マンガと向かい合う二人の情熱はスゴイと思いました。二畳の下宿先からやがて世界に響くマンガが生まれていくとはだれも思わないと思います。

しかし、この二人だけはそうなっていくと信じて情熱を燃やしているのだと思います。

f:id:drumdk49:20170609175343j:image

 

環境が変わったことにより、付き合う人も変わり、二人の創作にも変化が出てきているのだと思います。

今もそうですが、当時は今のような通信設備も無く、東京に行くという意味がより強いのだと思います。人が集まってくる場所だからこそ、多くの出会いがあり、新たな発見があり、それが次の一手に繋がっていくのだと思います。

 

以前に講演を聞いた方とお話した時に、今の日本は東京と地方に分かれていると仰られていました。

今も昔も東京という場所が持つエネルギーはそれだけ強いのだと思います。

 

仕事だけで見れば、メールやネットなどを使えば東京でも地方でもどこでもやりとりもパソコンの作業もできると思います。それでも東京に人が集まるというのは、それだけ東京が持っているエネルギーが強いのだと思います。

地方よりも早い情報

地方よりも感度が高い人たちの集まり

そういったものが集まりやすいのが東京という土地なのだと思います。

 

多くのエネルギーのぶつかり合いが生まれている東京という場だからこそ生まれるものがあるのだと思いました。

感度が高いものを求めるのであれば、今も昔も変わらず東京という場に行くことが大事なのだと思います!

 

本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました!