伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。と言っても大半は好きなマンガについてお話だったりします。

試合に勝つという喜びの為に!

こんにちは!153日目の更新です!!

昨日もここでお話しましたが、今日も暑いですね!

30度超えているそうです!まだ5月なのにこの暑さとは!

ということで、出番はまだ先かな~と思っていたのですが、短パン社長のブランドKeisukeokunoyaにて昨年に購入したポロシャツを着ちゃいました!

また袖を通す時期が来たと思うとテンションアップですね!ツイッターを見ていると今年のものが続々と到着されているので、早く来てほしい!と今からワクワクしております。

この暑さ、昨夜に見た天気予報によると月曜までとのことなので服装で調整して元気に夏を迎えていきたいと思います!

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170521173445j:image

「プレイボール」

です!

ちばあきお先生の名作野球マンガです!

前作に「キャプテン」がありますのでそちらを読んでからの方がより面白いと思います。

ではなぜ今回、「キャプテン」ではなく、「プレイボール」のお話にしたかというと、現在「グランドジャンプ」にて「プレイボール」の続編「プレイボール2」が絶賛連載中だからです!

 

「プレイボール」ですが、「キャプテン」の時の第一部の主人公谷口タカオが主人公となってお話がスタートします。

「キャプテン」の最後の試合での負傷から指がまっすぐにならなくなり野球ができなくなった谷口は野球への未練を断つということからサッカー部に入部します。「キャプテン」のころと変わらずできないことは努力でカバーし、谷口はサッカー部のメンバーから次第に認められていきます。

しかし、野球への未練が断ち切れない谷口はサッカー部を退部し野球部へ入部することとなります。

 

谷口の基本スタンスは基礎基本を除けば、出来ないことをカバーするにはどうしたらと考えてカバーできるようになるまだやり続けることだと思います。

一度はあきらめた野球の道に戻り、チームの戦力になるにはどうするかを考え実現させていく姿に谷口の芯があるのだと思います。

お話の途中で指の手術をして普通に投げられるようになるのですが、そこからもこの基本スタンスは変わりません。

そして、試合に勝つにはどうしたらいいかを考え、相手校の偵察などは欠かさずに弱小チームが勝つためにどうするかを考えて練習に励んでいきます。

また、部員に対しても同じで、身体で覚えるまで繰り返し繰り返し練習をさせたりしています。

f:id:drumdk49:20170521173512j:image

 

大好きな野球で一番の喜びはチームで勝つこと。だから勝つことにこだわって、そのために練習あるのみ!それが染みついている谷口キャプテンの行動だと思います。

70年代のマンガにしては珍しいかなと思うのは、その谷口キャプテンの腰の低さです。上からビシバシという感じではなくて、まずはやってみようよ、と同じ目線で話すことが多いです。ただし、練習内容はかなりのスパルタだったりするのでそのあたりは70年代らしいな~とも思いますけどね。

 

色々な事があって一度は中断したお話が、また再開するのは一読者として嬉しいです!

「プレイボール2」も楽しみにしていきます!

f:id:drumdk49:20170521173520j:image

 

本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございます!