読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

人生の実は・・・ただ生きることの中に・・・!

こんにちは!149日目の更新です!!

昨夜は部門のメンバーで飲み会に行ってきました!

お題目としてはこの春のキャンペーンでの目標達成記念!という事でしたので、いつもよりも楽しく!美味しく!!料理やお酒を頂くことが出来ました!!!

次の目標に向けて新たなスタートです!またこうやって楽しく!美味しく!!みんなと飲み行きたいと思いました!!!

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170517174447j:image

「天ー天和通りの快男児 18巻」

です!

「天」は「アカギ」や「カイジ」などで有名な福本伸行先生の麻雀マンガです。

この「天」で出てくる伝説の麻雀打ちが赤木しげるで、人気が出てきたのでスピンオフとして「アカギ」が始まったという経緯があります。

僕は福本マンガは「アカギ」と「カイジ」と「最強伝説黒沢」しか読んだことがないです。あ、「零」と「涯」も読んでました。忘れてました。。。

で、この「天」については実はしっかりと読んだことがないです。唯一購入したことがあるのが最終巻であるこの18巻です。

 

購入した理由は「アカギ」の最期ということで非常に気になり、買って読んだというだけですが、やっぱり福本マンガは面白いですね。

「成功が人間を支配・・・乗っ取りにくる」

「成功を維持管理する番人」

「不完全でも動くことが道を開くこと」

「真面目であることは悪癖だ」

「いいじゃないか、、、三流で、、、!熱い三流なら上等よ!」

 f:id:drumdk49:20170517175334j:image

 

などなど随所随所に名言がちりばめられており、色々な事を考えさせられる内容でした。こういう言葉があるから福本マンガは面白いのだと思います。

「天」を知らなくても伝わるものがある一冊です。実際に僕はこのマンガに出てくる登場人物は赤木しげるしか知らないのですが、そんな僕でも伝わってくるものがある。そう思える一冊です。

ただ、全館読んだうえでの方がより面白いのは確実だと思います。そろそろ全巻読んでみようかなと思います。

読み切った際にはまたブログでお話しますね!

 

本日はここまでです!最後までお読みいただきありがとうございました!