読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

真剣にバカをやるのも大事ですね

こんにちは!140日目の更新です!!

GWの最終日でもありました昨日に、食事に行ってきました。

行先はカニ本家!

近所にあって、小さい頃におばあちゃんに連れられて行ってた記憶はあるのですが、中々行けなかったので久々に行ってきました。多分数年ぶりくらいですね。

記憶にあるのは、お鍋とグラタン!

両方頂いてきたのですが、特にグラタンは美味しいというよりも懐かしさを感じました。

小さいころ、これが好きだったな~ということを思い出しました。

変わっていくものがある中で、変わらないものもある。これってステキですね!

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170508144224j:image

北斗の拳 イチゴ味」

です!

南斗鳳凰拳の継承者サウザーを主人公にしたギャグマンガです。

そう、このマンガ、ギャグマンガなのです!

f:id:drumdk49:20170508144235j:image

 

絵柄は「北斗の拳」の連載当時の絵柄をしっかりと描かれているので、最初、原哲夫先生のご乱心かと思いましたが、行徒妹という方が作画をされています。つまり別の方が描かれているということです。

f:id:drumdk49:20170508144249j:image

 

トニーたけざき先生のガンダムマンガや、「うつヌケ」の田中圭一先生のように大先生の絵柄を真似てパロディを描かれているマンガ家先生は多くいらっしゃいますが、こういうのも好きですね。

自分のよく知っているキャラクターが、その世界観の中で絶対やらないようなバカをやっているというのは見ていて面白いです。お笑いのモノマネと同じようなものだと思います。

最近だと「トネガワ」でもう一歩突っ込んだ、まさかのご本人登場ということもやられてたりしますが、この北斗の拳 イチゴ味」ではとんでもない方法でご本人が登場されています。

その方法とは、昔のジャンプコミックスにあった読者の声を巧みに利用した方法です。「北斗の拳」が出てた頃はこういうコーナーもあったな~ということを思い出しながらも、ここで原先生を持ってくるセンスには脱帽です。原先生もよく引き受けたな~と思いました。

f:id:drumdk49:20170508144308j:image

 

ちなみにこの北斗の拳 イチゴ味」、アニメ化もされてたりします。そしてサウザーの声は銀河万丈さん。「北斗の拳」でサウザーの声をやられていた方を起用するという、こちらでもご本人登場をされています。

 

こういうバカをやるときって、如何に真剣にバカをやるのかが大事だと思います。そしてこの北斗の拳 イチゴ味」はド真剣にバカをやっているマンガです。

北斗の拳」を知っている方だったら間違いなく笑える一冊だと思います!

f:id:drumdk49:20170508144318j:image

 

本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました!