読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

見た目だけで判断してはいけないですね。

こんにちは!133日目の更新です!!

本日から5月ですね。毎月一日は近所の神社へ嫁ちゃんとお参りに行っています。

何か願い事をするわけではなく、一日に無事に二人でお参りに来れたことをありがとうございます、と神様に伝えるだけですね。

以前に読んだ本に、神社とはそもそも願い事をするためではなく、感謝を伝えるために行く場所だと書いてありました。特に行くべきは伊勢神宮のような大きい神社ではなくて、近所の氏神様が良いということで行くようにしています。

実際に氏神様が分からなかったので、結婚式を挙げた神社が近所なのでこうしていくようにしています。いく事で今月も新たなスタートと思えるようになったことと、季節の変化を感じられるようになったことが良かったです。

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170501173803j:image

幼女戦記

です!

原作はラノベです。前クールである冬アニメでやっていたのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

初めてタイトルを見たときはおそらく面白くないだろうと思って対象から外してました。しかし友人から面白いと言われていたことと、たまたま出張に行ったときによるテレビを付けたらやっていたので見たら意外にも面白かったです。

タイトルからして萌え萌えな感じのアニメだと思いきや、意外としっかりとしたお話でした。

f:id:drumdk49:20170501173925j:image

アニメ版はその時しか見ていないのですが、マンガ版を現在出ている巻まで一気に買ってしまいました。

 

内容は、第一次世界大戦前のドイツが舞台となっています。ただ、単純にドイツというわけではなく、今の世界に当てはめるとドイツというところという感じです。また戦争形態も魔法使いが出てきたりします。科学と魔法の融合という感じですね。「ストライクウィッチーズ」とか近い感じです。

主人公のターニャちゃんは11歳の少尉なのですが、中身は現代社会のサラリーマンです。色々あって中身があっちの世界に転送されてしまいました。

f:id:drumdk49:20170501173940j:image

このターニャちゃん(中身は性格に難があるおっさん)があれやこれやで後方勤務を目指すお話です。

 

変則的なところが多々ありますが、いわゆる戦争マンガです。ターニャちゃんが幼女なので「幼女戦記」というタイトルです。

f:id:drumdk49:20170501174057j:image

このターニャちゃん、後方勤務を希望しているのですが、戦術眼があり、帝国軍のエースでもあるので大体最前線に派兵されてしまいます。

本人が望まない結果にハマっていくのが見ていて哀れだなと思いますが、中身の人も結構ゲスな事を考えているので仕方ないよね!って思ってしまったりします。

f:id:drumdk49:20170501174022j:image

 

タイトルと見た目の割には出てくる人物は大体おっさんなので、そういうギャップも面白いと思います。映画で見るような軍人さんジョークとかも出てきますしね。

f:id:drumdk49:20170501174033j:image

 

見た目とタイトルで敬遠してたのですが、読んだら面白いマンガって結構あったりします。見もせずに面白くないというのではなく、文句を言うなら読んでからの精神を忘れずにいたいと思いました。

 

本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました!