読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

マンガから見えてくる社会もある! のかな。

こんにちは!130日目の更新です!!

昨夜からちょっと肌寒さを感じるのですが、ちょっと体調を崩してしまったかな~と本日になって思っています。なんとなくではありますが、身体と頭が重い気が。。。

こういう時にほったらかすと大体ろくでもない結果になっていくので、初夏になりつつあるとは言え、暖かい恰好で過ごしたいと思います。

先週くらいから耳鳴りがしているのですが、こういった体調の変化を身体が捉えて信号を発信していたのかもしれませんね。

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170428173557j:image

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 24巻」

です!

ガンダムを創った一人である安彦良和先生のガンダムシリーズのマンガ、最終巻がこの24巻です。

THE ORIGIN」シリーズも最近アニメ化されたので、CMなどでなんとな~く見たことがある方もいらっしゃると思います。シャア専用カラーである赤い旧ザクが出てくるアレです。

 

僕自身、この「THE ORIGIN」はアニメもマンガも読んだことがないです。興味はあったので何度か読もうとしたことはあるのですが、しっかり読もうと思ったことがなかったりします。

それでもこの24巻を購入したのは、ガンダムにおける裏話的なお話があるということを聞いたからです。

サイド7に突入前のお話や、キャスバルの誕生話、1年戦争後のアムロのお話など、ファンの心をくすぐるお話の数々です。あとセイラさんがカッコいいお話とかね。

f:id:drumdk49:20170428173610j:image

 

ザビ家の若かりし頃の描写などギャグっぽい描写もあります。

こちらはドズル。

f:id:drumdk49:20170428173635j:image

こちらはキシリア様。

f:id:drumdk49:20170428173650j:image 

 

全体的にはファーストらしい重さがあるお話となっています。

仮面ライダーもそうなのですが、初代って不思議と重たい雰囲気がありますね。読み手として歴史のスタートを感じるために重さを感じてしまうのもあると思いますが、時代の流れとしてある種の重さがあったのかもしれませんね。

ちなみにガンダムの初回放送は1979年、仮面ライダーは1971年です。オイルショックにより高度経済成長が終焉を迎えるなどちょっと重たい時代だったのかもしれませんね。(Wikipedia参照)

 

マンガやアニメは言っても娯楽の為に存在していると思います。娯楽であるため、その時代の世相を表しているのだと思います。仲間の大切さや個の力を描く「ワンピース」もまた、現代の社会のありようを描いているからこそ人気が出ているのかもしれませんね。

 

本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございます!