読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

最近、駄菓子屋さんって見ないですね。

こんにちは!128日目の更新です!!

昨日は所属団体であるおかしん経営塾の打ち合わせと理事会でした。

今年度の事業の中でも重点事業を僕が配属されている委員会の役回りとなりますので、結構重大です。一から組み立てていく事となりますので、色々と試行錯誤な感じになっていくと思います。それだけにやりがいのあることだと思いますので、しっかりとやっていきます!

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170426174721j:image

「だがしかし」

です!

ちょっと前にアニメ化もされていて、コラボなどで話題にもなったマンガです。

 

お話は、とある田舎の駄菓子屋さんのお話です。駄菓子屋を舞台に様々な青春ドラマが繰り広げられる、訳ではなく、タイトル通り駄菓子をメインにお話が進んでいきます。最近はやりの食べ物マンガの流れの作品だと思いますが、やっぱり駄菓子なので、ゆる~いギャグマンガな感じのお話です。

知っている駄菓子が多いですが、

f:id:drumdk49:20170426174746j:image

知らない駄菓子もあったりします。

 f:id:drumdk49:20170426174754j:image

地域的なものと言うわけではなく、最近出たものなのだと思います。駄菓子も新製品がいろいろ出ているんだな~と思いました。

あと、「ねるねるねるね」のような自分で色々と手を加えて作っていくお菓子の事を知育菓子と言うそうで、それも最近知りました。呼び方があったことにも驚きですが、何よりも驚きなのが新製品が出ている事ですね!お菓子コーナーをしっかり見ることがなくなってきたので、これは驚きでした!

 

しかし最近はこういった駄菓子屋さんって見なくなりましたね。

f:id:drumdk49:20170426174808j:image

 

駄菓子以外にも色々買えるコンンビニがそれだけ普及していった結果なのだと思います。

f:id:drumdk49:20170426174821j:image

 

ちなみに僕が小学生の頃はまだありました。学校から帰ってお小遣い持って駄菓子屋さんに集合したりしました。今もあるのかどうかは不明なんですけどね。

懐かしい記憶があるので、駄菓子屋さんを見かけなくなったのは寂しく思いますが、これも時代の流れなのだと思います。どの商売も時代の流れに合わせて変わっていくのだと思います。

その流れに対して柔軟に動いていけることが大事なのかなって思いました。

ねるねるねるね」も知育菓子という言葉をもって時代に合わせてきたのだと思います!

 

本日はここまでです!最後までお読みいただきありがとうございました!