伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。と言っても大半は好きなマンガについてお話だったりします。

パリだから古ぼけたバーに行ってみたいですね

こんにちは!88日目の更新です!!

昨日ののんびりまったりとしたお休みから1日、本日は月次のチェックやら電話で色々と聞くことが出てきたりと、ちょいと慌ただしい1日でした!こうして1日が無事に過ぎていけるのも、嫁ちゃんや社員の方々のおかげです。今のままではいずれ限界が来ることは予想していますが、その上で今後どうしていくかを一緒に考えてくれるのはありがたいです!

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170317211905j:image

バーテンダーa Paris」

です!

 

一昨日に取り上げたマンガ「バーテンダー」の別のお話です。

こちらのマンガでは「バーテンダー」の主人公だった佐々倉溜は全く出てこないです。佐島蓮を新しい主人公に、パリのとあるバーでのお話が流れていきます。

佐々倉溜はどちらかというと天才タイプな感じで話が進んでいったような気がしますが、佐島蓮は若さゆえの悩みとともに話が進んでいくように感じます。

f:id:drumdk49:20170317211912j:image

 

僕個人としては今回のお話の方が共感しやすい気がします。まあ、なんとなくなんですけどね。何でもできるスーパーマンよりもダメなところが見えて、悩みを持っている人の方が自分と近いからそう思うのだと思います。

舞台となっているところはパリですが、華やかな感じの雰囲気はあまりないです。パリというと華やかなイメージがありますので、そこのバーというとおしゃれな感じがしますが、そういうところだけではないですね。だからこそそこで暮らし人々の心情がリアルなのだと思います。

 

お話はこの後、銀座編へと続きますが今日はここまで。明日の銀座編でお逢いしましょう!