伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

プロレススーパースター列伝~ミル・マスカラス~

こんにちは!67日目の更新です!!

昨日、友人の接骨院に行って、ぎっくり腰はだいぶ良くなってきました。あと1回診てもらえば大丈夫とのことなので、やっとこさ安心できそうです。腰が痛いのは動きが取りづらくなるのがつらいですね。治ってきたからと油断せずにのんびりしっかりと治していきます!

 

さてさて本日はプロレススーパースター列伝に戻ってこちらのレスラー

f:id:drumdk49:20170224173224j:image

ミル・マスカラス

です!

ミル・マスカラスはメキシコのレスラーで仮面をかぶってて入場曲がスカイハイくらいしか知らないです。というわけで全くもって思い入れがないレスラーだったりします。

今まで出てきたレスラーはいろんな形で何のかんので知っていたのですが、全く知らないのは初めてです。ちなみにスカイハイを知っていたのはとある会で入場曲として使ったからです。

 

というわけで、初めてのレスラーです。千の顔を持つ男、仮面貴族などニックネームはカッコいいですね。入場した時に付けていたマスクもファンにプレゼントなどエンターテイナーとして、レスラーとして1流の選手なのだと思いました。

f:id:drumdk49:20170224173243j:image

また、フライングクロスチョップや釣り天井固めなど別のところで見たことがある技の持ち主で、試合自体もスピーディーですごく面白い試合なのだったと思います。

 

この後に出てくるタイガーマスクもそうなのですが、覆面レスラーはミステリアスである事も存在価値の一つだと思います。仮面の中身を知りたいのもファン心理ですが、本当に知るのもちょっと嫌だ。ファンとはつくづくワガママですね。

覆面の中身を知られないためには強くあり続けるしかない。レスラーの宿命とはいえ厳しい戦いの日々だったと思います。

膝を骨折してもまたリングに戻るガッツ。そして、ルーテーズの想いに応える漢気。何よりファンを魅了する魅せるレスリング。ミル・マスカラスは本当に素晴らしいレスラーだったのだと思いました!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!