読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

プロレススーパースター列伝~ザ・ファンクス~

本日のマンガ

こんにちは!60日目の更新です!!遂に2か月目に到達です!!!

自分でもよく続いたな~と思っています。やっぱり好きな事、得意なジャンルの事を話すのが楽しいから続けられたのかなと思います。好きな事、得意な事だから次はどうしようか、何について話そうかとポンポン考えてこられたのだと思います。

この調子でまずは100日更新を目指して、最終的には今年の目標である365記事を達成させていきます!

 

さてさて本日からしばらくはあるマンガについて語っていきたいと思います。

そのマンガとは

プロレススーパースター列伝

です!

昨年末に今年1番ハマったマンガとして取り上げましたが、不完全燃焼な気がしており、以前にやった「なのは」のようにシリーズで1人ずつ取り上げていこうと思います。途中でこれはというマンガに出会ったらそちらを取り上げる事も出てくると思いますが、長いシリーズなのでのんびりと進めていきます!

 

ということでプロレススーパースター列伝第1弾はこちら

f:id:drumdk49:20170217174020j:image

ザ・ファンクス

です!

 

ファンクスというと僕の印象は

テリーマンのモトネタで、笑う犬で「生きてるってなんだろ~」ってネタがあったくらいの印象です。

テリーマンも今ではキン肉マンの1番の友ですが、最初はいけ好かないやつでしたね。何かにつけてキン肉マンを小馬鹿にしていたイメージがあります。あの頃のキン肉マンウルトラマンのパロディらしさもあったので仕方ない部分もありすけどね。超人オリンピックからプロレスらしさが出てきたと思います。

テリーマンの話は置いておいて、このファンクスかなり熱い話でした!父の無念を息子の代で返す。たしかによくある話だと思いますがここまで熱い話だとは知りませんでした。

 

1番最初の猪木のコメントが80年4月なので僕が生まれる2年前ですね。

f:id:drumdk49:20170217174125j:image

 

そりゃあ知らないわけですわ。まあ、このマンガに出てくる人たち全員の全盛時代を知らないのですが、誰かは知っている。ファンクスがスピニングトーホールドを使うこともキン肉マンで知っていた。それどころかテキサス出身ということまで知っていました。

色々なところで、色々な形で語られているから僕が生まれる前の人のことであっても知ることができるのだと思います。誰かに語られることで、その人自体の想いや生き方は残り続けていくのだと思います。とにかくカッコいい家族愛のお話です!こういうところにまた、しびれますね!

f:id:drumdk49:20170217174043j:image

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!