読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

20才でも魔法少女

本日のマンガ

こんにちは!51日目の更新です!!

今日は風もなく穏やかな天気の岡崎市でした。昨日は風が凄かったので空模様のわりに寒さが厳しかったですね。ゴルフの打ちっぱなしに行ったのですが、ちょっと寒いのでやめようかなとも思ったりしていました。実際に行ってみたら打席は風が遮断されていたし、石油ストーブも置いてあったので、意外と大丈夫でした。行ってみるものだなと思います。

 

さてさて、なのはシリーズも本日で3日目。というわけで本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170208175930j:image

魔法少女リリカルなのはStrikerS」です!

最後のSも大文字だったとは。。。改めて見たときにやってしまった感がありました。ちゃんと確認しないといけないですね。

 

ここで1度時系列を見てみると、

「無印」の半年後に「A's」、「A's」の10年後がこの「StrikerS」になります。

【なのは】【フェイト】【はやて】の3人も大人になり、魔法少女ってタイトルはどうなんだろうと当時話題にもなったりしていました。

というわけで今作は3人が子ども時代からお世話になっている時空管理局でのお仕事がメインとなってきます。また、話数も13話から26話へと増えたりもしました。

ちなみにこの時空管理局というところ、現実社会で言うと自衛隊や警察みたいなところかなと思います。

序盤は【なのは】教導官による新メンバーの訓練話がメインです。後半に続く伏線もちらほら出てきます。が、やっぱり【なのは】の訓練話は面白い+【なのは】の鬼教官っぷりが怖いという感じですね。お仕事上、救助などの人命を扱うことがあり、また自身も危険があるので、厳しくてもしっかりとしないといけないのだと思います。ただそれが訓練生に伝わっていないのがやるせないですね。後で気付くやさしさというものだと思います。

後半はとある事件についてのお話がメインとなってきます。こちらで「vivid」の主役の【ヴィヴィオ】が初登場となりますが、色々と重たい出自が、、、他の新メンバーもそうなんですけどね。。。敵の幹部にも【フェイト】の出自がかかわっている人も出てきたりと今回もちょっと重たい話が多めだったりします。

個人的にこのStrikerS」で好きなのは【なのは】と【フェイト】の教育方針ですね。

【なのは】はどちらかというとスパルタです。ライオン式な教育方針だと思います。

【フェイト】は山本五十六方式ですね。

どちらが良いという話ではなくて個性がでているな~と思います。

f:id:drumdk49:20170208175947j:image

ここからさらに4年後が次の「vivid」となってきます。なのはさんが無印の頃に小学3年生だったので23歳ですね。僕も年を取っているわけです。なのはを知って10年くらいは立つわけですから。逆に言うと今も続くだけの魅力がある作品だとも言えます。

明日は「vivid」についてのお話です!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!