読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

バンドマンにあこがれる時期は誰にでもあるのです

本日のマンガ

こんにちは!37日目の更新です!!

昨日今日と岡崎市は青空が広がっているので気持ちが良いです。僕は基本的には内勤なので事務所に外から日光が入ってくるとポカポカしてあったかいな~とか思っているのですが、1歩外に出ると風が冷たい、、、ハンパない、、、とやっぱりまだ冬ということを実感します。ちょっとコンビニに出かけるときでも厚着をして体調管理をしていきたいと思います!

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170125230015j:image

BECK

です!

言わずと知れたバンドマンガの金字塔です。このマンガを読むたびにバンドっていいなぁ、、、と思ってドラムを叩いたりしてた頃を思いまだしたりします。こう見えても学生の頃にバンドやってたりしたんですよ!まあ、高校生くらいの頃に1度は通るスターへの憧れ的なものでしたけどね、、、バンドマンにもコミュニケーション能力は必要だと今なら分かります。当時は今以上に人に話しかけられない子でしたから。

話を「BECK」に戻して、僕はドラムやってた経験があるので、サクには結構感情移入します。目が細めなのも似てますしね。サクのコユキに対する想いなど本当にすごいと思います。何気にBECKで1番格好良いのはサクだと思ってます。

f:id:drumdk49:20170125230021j:image

 

僕がBECKを始め、バンドに憧れるのは兄貴の影響ももちろんありますが、それと同時にサブカルチャーに対する憧れがあります。BECKのメンバーの格好もカッコいいって思うんですよね。今、良いと思ってるのはスーツスタイルだったりするんですけどね。

ああいうストリートファッションって自分がやってこなかったスタイルなんですよね。だから尚更に良いな〜って思います。じゃあ今からそういう格好するかと言われればしないですが、、、青春の時にし忘れてきた事はそれとして僕の心の宝箱にしまっておこうと思います。今の僕にも憧れるスタイルがありますからね!

f:id:drumdk49:20170125230100j:image

憧れるスタイルってその時その時で変わっていくと思います。常にアンテナ張って1番自分が格好良いスタイルをアップデートしていきます!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!