伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

逃げることも大切なんですよね

こんにちは!35日目のブログ更新です!!

今朝の岡崎市は昨日と同様で曇り空でした。しかもお昼前に雪がぱらっと降っていたので、あら~また降るかな~と思っていたら、本当にぱらっとだけだったので良かったです。お昼からは青空が広がってきたので雪は大丈夫だな~と思いました。やっぱり路面凍結と雪道怖いですからね。

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170123204008j:image

「うつヌケ」

です!

作者の田中圭一さんがご自身をはじめ、うつを体験した人たちがどうやってうつトンネルを抜けてきたかのお話です。

僕自身はうつは体験したことがないと思っていたのですが、このマンガを読んで、あの時のあれって実はうつだったんじゃ、、、と思わないでもないことがあります。

その時は心の重さがハンパなくて、それを相談する相手もいなくて、やらなくてはいけないことがあって、パンパンだったな~と今では思います。ホームに入ってくる電車に顔をこすりつけたら楽になるかな~って駅のホームに入ってきた電車を見ながらぼんやり思ったこともありました。まあ電車に顔をこすりつけずに済みましたけどね。

その後も心の重りを感じながら生活していたのですが、ある時に

「嫌になったなら逃げたらいいじゃん」

と別々の人に言われて心の重りがなくなりました。

結局のところ、この「逃げたらいいじゃん」って思えないからどんどん辛くなっていくんですよね。で、自分を責めて、世の中を憎んで、楽しくないのに笑顔の振りしてって金と時間使って何やってんだかって、今なら思います。でもそういう時って逃げたいとか思えないんですよね。堂々巡りしているのは分かっても逃げるって発想がそもそも無い。だからそうやって言ってくれたお二人は僕にとって恩人です!

僕の場合は、仕事に直結した話ではないので、特に人によっては甘い!と言われると思います。しかし、それはその人にとって甘い!話であって、当人にとってはどないしよう、、、て話です。アドラー心理学でいうところの課題の分離ですね。

僕にとって重大な問題があり、もちろん解決するために人の手を借りたり、助言を求めたりすることはあります。ただ問題そのものの重さは人によって違って当たり前だから、そんな事で悩むなんて甘い!というのは相手の事を見ていない発言だと思います。

 

このマンガを読んで心が軽くなったというか優しい気持ちになりました。

逃げても良いってあらためて思いました。そう思える事で心に余裕ができました。心のバランスを取って行くのが大事なのだと思います。夜中に呻き声を上げて目を覚ます事もなくなりましたしね!