伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。と言っても大半は好きなマンガについてお話だったりします。

オシャレのスタートは足元から

こんにちは!

33日目の更新です!ゾロ目です!!

今日は雪が降ると聞いていましたが、1日快晴な岡崎市でした。寒さは1段と磨きが掛かったような。

そう言えば大寒卵というものがあるみたいですね。大寒の日に卵を食べると金運が上がるとか。業界紙の4コママンガで知りました。まだまだ知らない文化があると思いました。

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170122000605j:image

王様の仕立て屋

です!

僕的ファッションのお手本マンガです!ちなみに僕的第1コーディネーターは嫁ちゃんです!!服自体は自分で選んで買ってますけどね。

このマンガの内容としてはナポリの職人街に住む日本人職人のお話です。

服の着方のお手本に参考になりますが、職人の流儀のお話も勉強になります。

 

僕が服を意識しだしたのは本当に最近で、5年くらい前の事だったと思います。それまでは服は着れれば良いものだと思ってました。靴もさらに同様。鞄は容量重視でした。

最初に意識したのは靴で、岡崎にあるリーガルシューズ専門店の尾崎さんとの出会いがスタートでした。靴くらいはしっかりしよう。そう思って思い切ってリーガルの靴を買いました。最初にぶつかった壁は靴が硬い、、、それでも履き続けて行くと自分の足に合って行くのが感じられてそれが快感になりました。

靴だけじゃいけないと思い次に行ったのが、一宮市メルカートさん。代表の豊島さんが経営塾の同期の繋がりです。そこでカジュアルな服装を選んでいただき、服を着る楽しさを感じて行きました。

そして、リーガル尾崎さんにイルサルトの末廣さんを紹介された事で一気に世界観が広がりました。

末廣さんとお話して、ジャケットを作っていただいて、一番思ったのがカッコいい!でした。やっぱピシッとしたスーツスタイルに憧れてたんですね。自分がしたいと思っていたものが形になったと思いました。ちなみにこの時に作ったジャケットは嫁ちゃん1番のお気に入りだったりします。

f:id:drumdk49:20170122000700j:image

カジュアルも良い。スーツスタイルも良い。僕としてはどっちもカッコいいです。そのカッコいい!と思うことに自信が持てるようになってきました。

たかが服。されど服。自分がこれカッコいい!て思える服装を見つけられた事が僕にとって1番楽しい、そして良かった!と思います。この楽しい、良かった、カッコいい!と思えた事からオシャレな楽しみがスタートしているのだと思います!