読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

革命軍は地上最強ォォ

本日のマンガ

更新20日目!!

今日から20日代に突入です!毎日更新をしてこの数字を1日1日しっかりと増やしていきます!

昨日のツイッターでリンクを張り付けた記事が好評だったので、このブログに張付けておきますね。

rocketnews24.com

内容としては、1年間毎日絵を描き続けた方の記事です。毎日続けることによって気付けば大きなモノになるという実例ですが、この記事からは勇気をもらえました。

1年間毎日やり続けるって義務だけだとしんどいです。僕も以前にブログを書いていたときは毎日更新で始めたのが、お休みの日は書かなくていいやになり、今日は特に書くことがないからいいやになり、気付けば半年以上書いていませんでした。

昨年末のエクスマセミナーを受けて、まずは好きなことを発信しよう、何故好きなのかを考えようと思い、マンガをテーマにブログを再開しました。

ブログに関しては、今年の目標は365回更新です!毎日コツコツと続けていきます。コツコツ続けることによって見えてくるものもあると思います!

 

さてさて今日のマンガですが、どのマンガにしようかと考えましたが、直観でこのマンガに決めました。

f:id:drumdk49:20170108175755j:image

「ナポレオンー獅子の時代ー」

です!

ご存知フランスの英雄、ナポレオンです。

このナポレオンのマンガは今のところ2部制となっていて、1部であるこちらがナポレオンが士官学校時代からフランス革命の終焉であるクーデターまでのナポレオンが若い頃のお話。

2部である覇道進撃はナポレオンが第1執政になってからのお話となっています。現在も続刊していっていますので、まだ連載は終わっておりません。

このマンガの面白いのはナポレオンの功績を描くだけでなく、軍隊の1兵の視点も描かれているので、当時の軍人の悲喜こもごもも描いています。そっちの方が面白いと思うこともあります。

f:id:drumdk49:20170108175809j:image

フランス革命というと、やっぱりでてくるのはベルサイユの薔薇。読んだことないですけどね。中学の時の世界史の先生がフランス革命の資料で使っていたので、フランス革命のイメージが強いです。

ベルばらと言うとキラキラした印象ですが、こちらのナポレオンはめっちゃごっついです。基本的にナポレオンは軍人なので、そりゃあごっついと思います。その周りの人たちも軍人なのでそりゃあ絵面もごっつくなりますよ!

絵は北斗の拳並みに濃いです。それもそのはずで作者の長谷川哲也さんは原哲夫さんのアシスタントをされていたそうです。なので1巻2巻などの最初の方は北斗の拳の絵でフランス革命のお話をやっています。連載が進むと独自の色が出てきて原哲夫色は少なくなっていきますよ。

長期連載しているマンガは特にそうですが、やっぱり絵が変わっていくんですよね。毎日描くことによって最適化されていくのだと思います。冒頭にお話しした絵を毎日コツコツ書かれた方のお話も同じですが、毎日コツコツやる事で見えてくる景色があると思います。

今年はブログを365回更新していきます!