伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

コミケといったらこのブース 第2回

こんにちは!

11日目の更新です!ピンゾロです!!

コミケも2日目、ツイッターでどんなかな~って時間が空いた時に見ていますが、

型月が完売だったり、なのはが完売だったりといつも通りの楽し気なコミケだな~と思っております。

実況を見るのも、ちょっと前までは2chが主流でしたが、完全にツイッターに移行した感がありますね。これもツールの流れだと思います。

 

さてさて、2回目のこのブースのお話です。と、その前に、コミケでは大きく3つのエリアに分かれております。

1つ目、同人誌エリア このエリアがコミケの中心です。自分が好きな題材で好きな表現をする場です。そもそもコミケ同人誌即売会なのです。この中にも大手さんがあったりしますが、大小問わず自分の好きなことをやっている熱量はすごいです!

2つ目、企業ブースエリア ここは出版社や放送局、ゲーム会社など企業が出展しているエリアです。昨日の更新でお話ししたタイプムーンもここのエリアです。

3つ目、コスプレエリア コミケがニュース番組とかで出るとまず出てくるエリアです。純粋なコスプレからネタ系など様々なコスプレイヤーの方々がいらっしゃいます。

と、3つのエリアの簡単な説明でした。昨日は企業ブースのお話でしたので、今日は同人誌のお話とも思ったのですが、やっぱり外せないということで今日も企業ブースのお話です。(前振りが長くなってしまった)

 

今回の企業ブースさんはこちら

f:id:drumdk49:20161230173021j:image

魔法少女リリカルなのは

です!

ゴリゴリの萌え系でございます。が、内容はそうではなかったりします。

この「なのはシリーズ」ですが、原作はアニメですが結構、息が長いシリーズです。

魔法少女リリカルなのは(通称 無印)

魔法少女リリカルなのはA’s(通称 エース)

魔法少女リリカルなのはStrikers (通称 ストライカーズ)

この3作がテレビアニメシリーズです。この後にマンガのシリーズとして

f:id:drumdk49:20161230173035j:image

魔法少女リリカルなのはVivid

魔法少女リリカルなのはForce

とあります。Vividは近頃アニメ化されました。Forceは連載がお休み中です。

さらに映画として

魔法少女リリカルなのは the movie

魔法少女リリカルなのは the movie 2nd A's

があります。映画は無印とA'sの新規撮り直し総集編です。

総集編の常として、機動戦士ガンダムGアーマーのようにオミットされているお話もあったりします。

となのはシリーズの説明だけでえらい長くなった気が、、、

 

さてこのなのはシリーズ

最初はご近所のトラブル解決的なお話でした。話が進むにつれてドラゴンボールのように魔砲と魔砲の打ち合いが始まり(無印)、

前回のライバルと力を合わせて世界をどうにかしてしまうような巨大な敵と戦うようになり(A's)、

主人公のなのはが教導官となって後輩を育成する話になっていきます(Strikers)。

このシリーズの骨子は

努力 友情 勝利

だと思います。(ジャンプと同じですね)

根底にあるのは大事な人の為に。ということだと思います。

想いを伝える事、そして想いを伝えるには力がいる事、相手の事を知ること、そういった基本的で、かつ大事なことが詰まっていると思います。

本気だから伝わる。

これがなのはシリーズで共通して言えることです。

見た目もタイトルもまさに萌え萌えなわけで、そこが良い!というのももちろんありますが、内容もしっかり伴っている、ステキなアニメです!